海外のサブスクリプション型音楽サービスに新たな動きです。

米国最大のモバイル事業会社AT&Tは、競合するモバイル事業会社Leap Wirelessの買収を発表しました。買収額は11億9000万ドルの現金支払い。

AT&T to Acquire Leap Wireless(発表資料)

この買収はアメリカの音楽ビジネスで重要な試みです。なぜなら、Leap Wirelessはモバイル専用音楽サブスクリプションサービス「Muve Music」を運営するCricket Wirelessの親会社だからです。Cricket Wirelessは米国内で安価なAndroidスマートフォンを中心としたプリペイドサービスを提供しています。今回の買収によりAT&TはCricket Wirelessだけでなく、Muve Musicのオーナーシップも手にしました。

音楽サービスにとって、モバイル事業会社とのパートナーシップは極めて重要で、多くの音楽サービスが提携の機会を伺っています。例えば先日ソフトバンクが買収を完了したスプリントは、Androidユーザー向けにSpotify Premiumをバンドルした携帯料金プランを提供しています。

How To Download Music   Unlimited Music Downloads   Cricket Wireless

Muve Musicは2013年1月の段階ですでに有料会員数160万人を獲得しているモバイル向け音楽サービスです。Muve Musicは大手レコード会社とライセンス契約を結んでいるため、ユーザーは人気アーティストや最新の音楽がスマホで楽しむことができます。Muve Musicの基本的なメリットは以下の通りです。

・無制限の音楽ダウンロード
・広告無し
・月額課金無し
・音楽ダウンロードの個別課金・データチャージ無し

AT&Tにとって、今回の買収は同社初となるサブスクリプション型音楽サービスへの参入という見方ができます。ですが、今後AT&Tがどんなサービスや料金形態をユーザーに提供するのかは、明らかになっていません。またAT&Tは携帯キャリア事業会社としてiPhoneやGalaxyなども販売しています。アップルなどすでに音楽サービスを展開しているIT企業とのサービスのすみ分けがどうなるのかも気になります。

これから携帯事業者と音楽サービスの間では、より付加価値の高いサービスを提供する動きが活発に行われると思います。どのような音楽ビジネスの形で音楽サービスを統合して提供するのか、注目していきたいです。

 

ソース
AT&T Buys Leap Wireless, Owner of Muve Music, For $1.19 Billion(7/12 Billboard)

関連記事  Spotify、フランスで黒字化を達成!2010年から初めて。有料会員が76%増加
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ