サブスクリプション型音楽ストリーミングサービスの「スポティファイ」(Spotify)は、世界第二位で英国最大のモバイル事業者ボーダフォンとの提携を発表しました。今回の提携により、ボーダフォンは今後展開予定する4Gサービス「4G Red」にSpotifyプレミアムを組み込んだバンドルプランを提供します。4Gサービスは英国内で8月29日から開始予定です。

ボーダフォンの4G Redプランに加入した人はSpotifyプレミアムプランまたはSky Sports Mobileかのいずれかをプランに組み込むことができます。Spotifyプレミアムプランでは、スマホで無制限の音楽ストリーミング再生やオフライン再生を広告無しで楽しむことができます。プレミアムプランの料金は毎月支払うモバイルの基本料金に組み込まれます。

料金形態は、通話・データ通信込みの月額料金は26ポンドから。ちなみに、Spotifyのモバイル利用ができるSpotifyプレミアム・プランは月額9.99ポンドとなっています。通常のSpotifyプレミアムプランの場合は、携帯料金+Spotify月額料金を支払わなければならないので、モバイルで使いたい人にとってはこのプランは便利になりますね。

発表資料でスポティファイのテレコム・ISPパートナーシップ担当グローバルヘッドのマイケル・アバティスタ(Michael Abbattista)は以下のようにコメントしています。

スポティファイとボーダフォンのような企業パートナーシップは音楽業界へ収益拡大へとつながり、音楽ファンとアーティストに価値を提供します。

スポティファイはこれまでも順調にモバイル事業会社とパートナーシップを築いてきました。過去にスポティファイはヴァージン・メディア(Virgin Media)との提携でヴァージンのモバイル・ブロードバンド・ケーブルTVサービスにスポティファイをバンドルしてきました。またスイスではOrange、スウェーデンではTelia、スペインではTelefonicaとYoigoと、各市場でスポティファイ・プレミアムプランをモバイルプランにバンドルするモバイル戦略を実施しています。モバイル事業会社と連携することで、スポティファイは収益源の一つである有料会員の獲得を実現する機会を作ることができます。

今回のニュースは、スポティファイが大手企業にその価値が認められた結果に相当します。例えば今回の提携を日本に置き換えると、ドコモの携帯プランにスポティファイがバンドルされているイメージです。

スポティファイの価値は、最高の音楽体験を音楽を求めている人達に提供してくれることです。そのためのチャネルや技術がどんどん進化してきています。これは素晴らしいことです。音楽を聴く手段が増えれば、音楽を聴く人も増えていくでしょう。その人の多くが「音楽ストリーミング」という手段でこれまでとは全く違う音楽体験を実感できる日も近くに迫ってきているのではないでしょうか?

Vodafone Red 4G-ready to change the tune and take ultrafast 4G into a new league(発表資料)

 

ソース
Spotify Partners with Vodafone in U.K.(8/7 Billboard.biz)

関連記事  ニール・ヤングがSpotify、Apple Musicで楽曲を配信開始。アーティストたちの抵抗は、限界にきているのか?
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事転載、配信、寄稿、お仕事のご質問は「お問い合わせ」またはTwitter, Facebookからお願いします。RSS購読、フォロー宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ