これは便利!

アメリカで登録者数2億人を超す、最大規模のネットラジオ「Pandora」が、iOS/Androidアプリをアップデートしました。新たに追加された機能は、「スリープタイマー」機能です。

ラジオや音楽を聴きながらベッドでうたた寝してしまって、音楽が鳴りっぱなしになったことは誰でもありますよね? 

新しい機能では、Pandoraの音楽ステーションを聴いている時に、ユーザーはモバイルアプリのオプションメニューからスリープタイマーをクリックして、15、30、60分のタイマーを設定することが可能になりました。

時間が来ると、アプリが自動で停止し音楽が鳴り止みます。これによってユーザーはアプリをオンにし続けたため、毎月のデータ使用を心配するような必要が無くなります。

Pandoraでは、毎月5万件以上届くユーザーからのメールやソーシャルでのつながりの中から新しいアイデアのヒントを発見して、新機能の開発に活かしています。スリープタイマーもその一つで、ユーザーからリクエストの多いオプションの一つでした。

特に毎月のスマホ利用料金やバッテリーが気になりがちな、聴き放題な音楽サービスにとっては、スリープタイマーは便利な機能ですね。モバイルーザーが増えているPandoraらしい着眼点。

ソース
Introducing the Pandora Sleep Timer on Mobile(8/22 Pandora Blog)

関連記事  音楽ストリーミングサービスの規模感がどれくらいか見えるチャートと、その問題点
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ