世界で最も速く成長している音楽サービスの一つで、音楽共有プラットフォームを提供する「 SoundCloud 」は、写真共有のInstagramとの連携を開始しました。

またSoundCloudは月間アクティブユーザー数が2500万人を突破したことも発表しました。

SoungCloudのCEO、アレクサンダー・リュング(Alexander Ljung)はベルリンで開催されたテック系カンファレンス「TechCrunch Disrupt Berlin」で、SoundCloudの最新動向について語りました。

SoundCloudは「音楽のYouTube」と呼ばれる、サウンドに特化したユーザー投稿型コミュニティで、世界中の多くのアーティストやDJが利用しています。特にDJは1時間以上のミックスをアップロードし、自分の音楽の発信の場として利用しています。

現在SoundCloudでは、無料のベーシックアカウントでは最大2時間分の音楽やサウンドがアップロードできます。2時間以上を利用したい場合は、有料のプレミアムアカウントを取得すると、時間制限から解放されます。

リュングはまずSoundCloudの月間ユニークユーザー数が2億5000万人を突破したことを発表しました。これは7月時点での2億人から、わずか3ヶ月で5000万人を追加するほどの急成長を見せています。

新しく開始したInstagramとの連携では、ユーザーはInstagramの画像を投稿した音源やプレイリストのカバーアートとして利用することができます。

通常有名アーティストであれば、アルバムカバーはプロの手によって制作されます。しかし、実際はそんなクリエイティブにアクセスのない、自分達では制作能力も無いアーティストが大多数を占めており、SoundCloudでも多くの無名アーティストやインディーズ・アーティストが活動しています。

正方形な画像がアナログレコードやCDをイメージさせるInstagramとの連携は、そんなアーティストにとって自分たちでアートワークを制作でき、DIY音楽に新しい表現方法を生み出します。

またSoundCloudに多いEDMアーティストやDJなどの場合、アルバムをリリースすることよりも、自分たちがプレイしたイベントのミックスやラジオ番組、さらにはセルフリリースの音源などを投稿しています。そのためイベントのミックスでは、イベント会場で撮影したInstagramの画像や、スタジオ内で撮影したInstagramなど、よりオリジナルでファンに魅力的なアートワークを残すことができます。

Kaskade LIVE from San Diego - It's You It's Me Redux May 3, 2013 by Kaskade on SoundCloud - Hear the world’s sounds

人気DJのKaskadeKrewellaはすでにこの「Soundagram」機能を自分たちのミックスで利用し始めています。

Instagramとの連携によって、SoundCloudユーザーはホームページやミックスをよりビジュアル性高くできるので、リスナーへの露出にもつながっていくメリットも生み出します。

ソース
SoundCloud Turns Instagrams Into Next-Gen Album Art For Its Quarter Billion Visitors(10/29 TechCrunch)

関連記事  ブロガーに人気の音楽ストリーミングサービス「Grooveshark」がHTML5に対応、iPhoneアプリに(再び)期待が高まる
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ