soundcloud-logo

音楽共有プラットフォーム「 SoundCloud 」が11月13日、設立5周年を迎えました。

SoundCloud - Hear the world’s sounds

SoundCloudが発表した最新のデータによれば、SoundCloudユーザーは毎分12時間分のオーディオデータを投稿しており、その内90%のトラックが投稿から1時間以内に再生されています。

SoundCloudは5周年を記念して、SoundCloudで投稿したトラックがラップアーティストのスヌープ・ドッグの目に止まりコラボレーションするまでに至ったポーランド人アーティストのIza Lachなど、SoundCloudで人生が変わったクリエーター5人を紹介するオーディオクリップを公開しています。

2007年にベルリンで生まれたSoundCloudは、DIYアーティストやDJ、ビートメイカーの間で急速に人気をあつめた音楽配信プラットフォームで、ソーシャル機能やFacebookやTwitter、ウェブサイトとの連携を生かし、創作やプロモーション活動に活用してきました。近年では大物アーティストも新作のプロモーションに使ったり、またニュースやスポーツ系ラジオ番組もSoundCloudで番組を発信しています。

SoundCloudのリスナーも自分の好きなアーティストをフォローしたり、人気のアーティストを見つけながら、新しい音楽やリミックスなどを発見しTwitterやFacebookなどで共有する楽しみ方があります。

自分で音楽を創っている人はぜひSoundCloudを一度見てもらいたいです。自分の音をこれほど簡単にネット上で公開出来るツールは恐らく他に存在しません。また新しい音楽好き、聞いたことの無い音源探しが好きな人もぜひSoundCloudをチェックしてみて欲しいです。

SoundCloud、これからも応援しています。

ソース 
Soundcloud Turns 5, Artists Share How It’s Changed Their Lives(11/13 hypebot)
SoundCloud is 5!(11/13 SoundCloud Blog)

関連記事  Social | ハイチ救援チャリティ・ライブ「Hope for Haiti Now」の寄付金は5800万ドル(52億円)に、ライブアルバムはiTunesで販売。 #hopeforhaitinow
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事の転載、配信または寄稿や講演などお仕事のご質問は「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからお願いします。購読、フォローも宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ