アメリカで展開するネットラジオ最大手Pandoraが、2013年12月のリスナー動向データを発表しました。

・視聴時間は、15億8000万時間で、前年同期比13億9000万時間から13%増加
・米国内ラジオ市場シェアは8.60%で、前年同期比7.58%から拡大
・アクティブリスナー数は7620万で、前年同期比6710万人から13%増加

12月の数値は、前年から拡大しただけでなく、2013年11月の数値からも拡大しています。

関連記事 米国最大のネットラジオ「 Pandora 」、11月のリスナー動向データを発表–アクティブユーザーは16%アップ


登録ユーザー数が2億人を超えるPandoraですが、2013年後半には、米国の音楽シーンで競合他者が新たなサービスを立ち上げネットラジオやモバイル音楽の領域に進出しています。

定額制音楽ストリーミングサービスSpotifyは、12月にタブレットでは広告付きの無料視聴、スマホでは好きなアーティストを無料視聴できる「Spotify Shuffle」のモバイル向け新戦略を発表し、新たなユーザー獲得を目指しています。

またアップルも9月に「iTunes Radio」をリリース、無料の音楽ストリーミングサービスをiOS向けに提供してPandoraと競っています。

ソース
Pandora Announces December 2013 Audience Metrics(1/6 Pandora)

関連記事  [ブログ更新] 日本のデジタル音楽販売、2010年度は減少傾向
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ