2013年ドイツの音楽シーンでは、音楽売上がわずかですがプラス成長しました。フィジカルおよびデジタル、音楽ストリーミングを含む音楽売上は2012年から1%アップし14億5000万ユーロ(約2049億円、約19億6000万ドル)となりました。

2013年のデジタル音楽売上は予想通り12%アップし、継続的な成長を見せました。一方でフィジカル音楽の売上は、わずか2%の減少にとどまりました。

これは2012年は全体が3.2%減少、フィジカルが7.7%減少したことから見てもだいぶ回復しているといえます。

ドイツでは10月に動画サービスVEVOがローンチ、12月にはグーグルがGoogle Play Music All Accessがローンチしましたが、デジタル音楽サービスの浸透はまだまだ可能性を残しています。浸透しない背景には、ドイツの著作権団体GEMAによるライセンス契約のアプローチに問題があるなどとして取りだたされています。

レポートを発表したドイツの音楽産業連邦協会(BVMI)は、3月に詳細は業界レポートを改めて発表すると述べています。

このブログでは、各国の音楽業界の2013年での売上げデータをまとめて紹介しています。アメリカ、イギリス、カナダのデータもまとめてご覧ください。


音楽はもう買われない… アメリカの2013年音楽売上はアルバム・シングル共に減少、デジタルダウンロードも初めて減少

イギリスの音楽売上、2013年はアルバム売上4%減少、音楽ストリーミングが34%成長:楽曲再生数は2倍に拡大

イギリスで2013年最も売れたアルバム・シングルは?音楽業界団体が発表

カナダの音楽売上、2013年デジタルが成長するもCD売上は低迷

ノルウェーの音楽市場、2013年は11%成長、音楽ストリーミングがさらに普及しシェア65%に拡大

ソース
German Music Revenues Up in 2013, Physical Sales See Modest Decrease(1/21 Billboard.biz)

関連記事  定額音楽配信Deezer、ラジオ・アグリゲーションのStitcher買収。ネットラジオや車載システムで利用者獲得を狙う
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ