2月1日からフランスのカンヌで、世界最大の音楽ビジネス・カンファレンス「Midem 2014」が始まりました。Midemでは毎年、デジタルやマーケティングなどの領域で先進的なアーティストや音楽ビジネス業界人、ブランドが参加するイベントで、世界の音楽業界のトレンドと今後についての議論が期間中に行われます。

今年もアーティストでは、Will.i.amリタ・オラがキーノートを行い、その他には大手レコード会社はもちろん、音楽出版社、インディーズレーベルが参加し、またFacebook、Google/YouTube、ライブ・ネイション、Vevo、自動車メーカーのクライスラーや世界大手のエージェンシー、Williams Morris Endeavorなど一般企業、デジタル音楽サービスが参加し、音楽業界の課題や最先端のテクノロジー、ビジネスモデルなど様々な課題についてのセミナーやパネルディスカッションが行われます。

Midemのもう一つの楽しみは、新しい音楽テクノロジーと出会えることです。

Midemlabに出場する注目のスタートアップ30社

Midemでは、毎年世界中の音楽スタートアップやアプリ開発者によるピッチコンテスト「Midemlab」を開催しています。

2008年から始まったこのコンペでは、3つのカテゴリー「Music Discovery, Recommendation and Creation」、「Marketing & Social Engagement」、「Direct-toConsumer Sales and Content Monetization」で世界から選ばれた計30のファイナリストが、音楽業界関係者や投資家、音楽メディアの前でサービスをプレゼンし、優勝を競います。

今年のジャッジ一覧

昨年のMidemlabでは、昨年末にリンキン・パークとのコラボで話題になった『PlugAir(プラグエア)』開発のBeatroboが日本から初めて参加しました。

世界最大の音楽ビジネスMIDEMの公式コンペに参加する音楽スタートアップ「midemlab 2013」ファイナリスト30社を紹介、日本からもBeatroboが参戦!

過去のMidemlabでは、SoundCloud, Songkick, Echo Nest, Next Big Soundなどが参加し、それぞれ資金調達やメディアの注目を集めることに成功し大きく成長していきました。Midemlabは世界でも数少ない音楽スタートアップ・アクセラレーターと言えます。

今年のMidemlabに参加する30社の中は、すでにサービスを開始しユーザーやパートナーを獲得している企業、VCから資金を獲得している企業、アプリをローンチしている企業もあり、すでに視野を大きく広げている企業が多いところが特徴的です。日本からの参加がないことは残念ですが、これまでにないほど必要とされる音楽のイノベーションや新しいビジネスモデルを作り出すスタートアップの成長をMidemlabが支援してくれることに今年も期待したいです。

こちらが今年のMidemlabに参加する世界から選ばれた30社です。

 

Music Discovery, Recommendation and Creation

Blitzr (フランス) – 音楽メタデータ・アグリゲーションプラットフォーム及びミュージックディスカバリー・サービス

Cubic.fm (トルコ) – SpotifyとDeezerを連携させる、ソーシャルミュージック・プラットフォーム

Indiloop (カナダ) – クラウド型音楽ミックス・プラットフォーム

Jukely (米国) – ユーザーとその友人の音楽の好みに合わせたコンサートをレコメンドするコンサート・マッチメイキングiPhoneアプリ

Moodsnap (米国) – 世界初、画像ベースの音楽ストリーミング/ミュージックディスカバリー・アプリ

Music Gateway (英国) – 音楽プロフェッショナル・マッチング向けB2Bプラットフォーム

Muzieo (米国) – モバイル向けミュージックディスカバリー・サービス

Nagual Sounds (ドイツ) – 音楽制作用インタラクティブ・ソフトウェア

Sound Wand (英国) – モーション・コントロール音楽アプリ

Soundwave (アイルランド) – ソーシャル・ミュージックディスカバリー・アプリ

Marketing & Social Engagement

Feature.fm by EQuala.fm (米国) – 音楽ストリーミング向けプロモーション・プラットフォーム

FanPic by Huggity (アイルランド) – コンサート/スポーツイベント向け画像エンゲージメント・ツール

Hello Stage (オーストリア) – クラシック音楽向けコミュニティ/マッチング・サービス

Lalilala by Appiway (フランス) – モバイル向けソーシャル音楽ゲーム

LISNR (米国) – サウンド配信プラットフォーム

Noise Fish (英国) – アーティストやレーベルなど音楽プロフェッショナル向けコミュニティ・プラットフォーム

Rushmore (英国) – 音楽ファン向けコミュニティ・プラットフォーム

Starlize by Mobile Motion (ドイツ) – 音楽ビデオ制作モバイル・アプリ

Tunespeak (米国) – ミュージシャンと音楽ファンがインタラクションできるロイヤルファン育成プラットフォーム

Vidrack (カナダ) – 動画マーケティング支援ツール

Direct-to-Consumer Sales and Content Monetization

3Plet (エストニア) – アルバム・アートワーク/ビジュアル・パブリッシング・アプリ

10tracks (ロシア) – クラウド型音楽コレクション・ストレージ

BandstandMobile (アイルランド) – サブスクリプション型アーティスト2ファン・コミュニティアプリ

Capsule.fm (ドイツ) – パーソナライズド・オーディオコンテンツ音声合成アプリ

Kicktone (オーストラリア) – インディーズアーティスト向けコンテンツ販売サービス

Metable (英国) – 権利者向け音楽メタデータ管理プラットフォーム

Pulpix (フランス) – プレミアム・コンテンツ配信・販売ツール

Screenburn (英国) – Facebook動画VOD (video on-deman)プラットフォーム

Songspot (フランス) – ソーシャルジュークボックス・アプリ

Weezic (France) – ミュージシャン/音楽出版社向け楽譜プラットフォーム

Midemlabの優勝者は現地時間2月3日に発表予定です。

関連記事  Shazamから始まる音楽マーケティング:アーティストのコンテンツを独占先行配信
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ