20140204-202637.jpg

世界180カ国以上でサービスを展開するフランス発の音楽ストリーミングサービスDeezerは、今年いよいよ進出する米国のオペレーションを統括するCEOを任命しました。

サンフランシスコで米国事業をリードするCEOはタイラー・ゴールドマンです。以前はビデオ・オンデマンドサービスMovielinkのCEOを務めていました。

Deezerは世界180カ国以上で定額制音楽サービスを展開しており、この分野での市場へのリーチは最大を誇ります。しかし、世界トップの音楽市場のアメリカと日本への進出は、契約問題や飽和市場の状況などから、意図的に避けてきました。そして2014年にはようやくアメリカへの進出する考えを明らかにしています。

世界展開で急成長するフランスの音楽ストリーミングサービス「Deezer」のCEOが、避けてきた米国と日本進出について語った貴重な最新インタビュー全訳

日本にはいつ来るのか? フランス発の音楽ストリーミング「 Deezer 」が来年アメリカでサービス開始へ、マイクロソフトと提携の噂も

音楽ストリーミングサービスDeezerがサムスンと提携を検討中との噂:資本提携の可能性もあり

関係者の情報によれば、Deezerは米国ローンチに当たり、マーケティングパートナーを探していると言われています。

関連記事  音楽の聴き方をソーシャルで変える、Spotify音楽アプリやiOSを展開する音楽スタートアップ「Soundrop」が新たな資金調達に成功
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ