定額制音楽ストリーミングサービス「Spotify」は、定額制動画サービスのリーダー企業ネットフリックス(Netflix)の元CFO(最高財務責任者)バリー・マッカーシー(Barry McCarthy)を5人目の取締役に任命しました。

マッカーシーは、Spotifyの取締役では、共同創業者ダニエル・エク、マーティン・ロレンツォン、元Facebook社長でナップスター共同創業者そして投資家のショーン・パーカー、同じく投資家のクラウス・ホンメルスに続く5人目の取締役となります。

マッカーシーは就任にあたり

Spotify最大の焦点であると同時に私が取締役に参加した理由は、Spotifyが世界で最高の音楽サービスを構築することを最優先事項に掲げていることだ

と述べています。

バリー・マッカーシーは現在ローンチ前の決済スタートアップClinkleでCOO(最高執行責任者)を務めています。

ネットフリックスでは1999年から2010年の長期に渡りCFOを努め、ビデオレンタルから定額制動画配信へのビジネスモデル転換やIPO、海外展開などの成長を支え、市場リーダーの地位を確立するための大きな役割を担ってきました。マッカーシーがネットフリックスを去った2010年には有料会員数は1700万人(現在は4000万人以上)に拡大した巨大サービスに成長しました。

マッカーシーはネットフリックス以前は、ケーブル局向けのオンデマンド型無料音楽サービスMusic ChoiceのCFOを務めていました。また2011年から2013年6月までは、ネットラジオPandoraの取締役も務めていました。

マッカーシーの就任は、新規顧客の獲得、有料会員への移行、そして国際展開の推進を後押しするものと思われます。

Spotifyは発表データでは、2013年3月の段階でアクティブユーザー数2400万人、有料会員数600万人でした。現在は大きく拡大していることが想像できますが、ネットフリックスはアメリカ大手ケーブル局HBOの会員数を2013年10月に超え、さらに1月に発表された第4四半期決算では4800万ドルの純利益を計上しています。

関連記事
・スウェーデンの音楽市場、2013年は「Spotify効果」で5%のプラス成長、音楽ストリーミングが市場の70%以上に拡大
・SpotifyのCEO、ダニエル・エクが競争相手、アメリカ進出、トム・ヨークを語る ― Beats Musicとトム・ヨークには批判的な見解
・Spotify、無料ユーザー向けに設けていた視聴時間の制限を全面撤廃、音楽の聴き方を変える大胆戦略

ソース
Spotify Adds Netflix Experience to Board With Barry McCarthy Appointment(2/13 Billboard)

Former Netflix CFO Barry McCarthy Joins Spotify Board(2/11 Re/Code)

関連記事  発売から遅れること4ヶ月、コールドプレイの最新作「Ghost Stories」がSpotifyで配信開始
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事の転載、配信または寄稿や講演などお仕事のご質問は「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからお願いします。購読、フォローも宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ