beats-music-logo-650-430

アメリカの定額制音楽ストリーミングサービスBeats Musicが6000万ドル (約60億円)の資金を調達しました。出資者は、すでにBeats Musicに投資をしている創業者
ジミー・アイオヴィン (インタースコープ・ゲフィン・A&Mレコード会長)、同じく創業者の音楽プロデューサー、ドクター・ドレー、そしてワーナーミュージックの親会社Access Industriesで、新たな資金でBeats Musicは製品開発、新規顧客獲得、マーケティングを進めます

2607559-wood-iovine-dre

今年1月にアメリカでローンチしたBeats Musicは、人気ヘッドフォンブランド「Beats by Dr. Dre」を運営するBeats Electronicsが始めた定額制音楽サービスです。大きな特徴として、音楽のプロや音楽メディアなど人が膨大な音楽からキュレーションしたプレイリストを中心に音楽をレコメンドしていく、マシーンアルゴリズムとは異なる人間感覚に近いアプローチを取っていることで、SpotifyPandoraに挑戦します。これまでAccess Industries、Marc Rowan、James Packer、Lee M. Bassの投資グループから6000万ドルの資金を調達しています。

関連記事
・Beats Music:圧倒的な人気を誇る高級ヘッドフォンブランドが手がけた定額制音楽サービスはSpotifyを脅かす存在になれるのか?(Markezine.jp)

Beats Musicは今月、ミュージシャンのコンテンツ販売支援プラットフォーム「Topspin Media」の買収を発表、今後アーティストのマーケティングを支援していくサービスの開発への可能性を示しました。

Beats Musicはこれまで獲得したユーザー数を明らかにしていません。また先行するSpotifyやRdioと違い、Beats Musicは有料会員プランのみで運用されます。月額9.99ドルの聴き放題に加え、米最大モバイルキャリアAT&Tとパートナーシップ契約を結び、スマホユーザー向けには月額14.99ドルで5アカウント、10デバイスから音楽が聴き放題できるファミリープランも提供しています。

ソース
Beats Music Raises $60 Million in Funding(3/11 Billboard.biz)

関連記事  アップルが「有料」音楽配信でレーベルと価格設定の交渉、Spotifyら定額制にも影響の可能性?
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ