2014_03_27_Music

SpotifyやPandora、iTunes Radioなど新しい音楽サービスが発展する中、人々の音楽との接し方も大きく変化しています。では音楽の聴き方を変えているテクノロジーの変化は、新しい音楽の見つけ方「ミュージックディスカバリー」には変化を与えているのでしょうか?

調査会社Edison Researchとラジオ・テクノロジー企業Triton Digitalが行った調査の結果が上のチャート。
12歳以上のアメリカ人950人で、新しい音楽を見つけることが「とても重要」または「やや重要」と答えたアメリカ人が対象になっています。

新しい音楽を見つける手段として最も人気だったのは、AM/FMラジオ。その次が友人や家族からのレコメンデーション。3位にはYouTubeが入りました。

また同じ調査の中でも年齢12歳〜24歳のアメリカ人の間で新しい音楽を見つける手段では、YouTubeが最も人気で83%、友人・家族からのレコメンデーションとネットラジオPandoraが同率71%で2位、3位はAM/FMラジオで65%でした。

radiomusicdiscovery

ソース
Radio Is Still the Most Popular Way to Find New Music, Study Says(3/28 Mashable)

関連記事  ノルウェーの音楽市場、音楽ストリーミングサービスの急成長で上半期は二桁の大幅成長
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ