spotify

インターフェースのデザイン変更で印象がだいぶ変わる!

サブスクリプション型音楽ストリーミングサービス「Spotify」(スポティファイ)はデザインを大きくリニューアルし、音楽を探しやすく再生しやすくしました。

spotifynewdesignoverview

2008年のサービスローンチ以降、初めての大規模なデザインリニューアルにより、これまでグレーが背景だったSpotifyは、黒を基調としたダークな背景に変わります。またタイポグラフィも変更、そしてアーティスト写真やボタンなどのアイコンも丸みのあるデザインに変更されます。ダークなデザインにすることで、よりアルバムアートが浮かび上がるかのように見やすくなり、Spotifyを利用する上で最も重要な「音楽コンテンツ」を引き立ててくれます。

Spotify-All-Devices2

以前のデザインと比較しても新しいデザインはミニマルでアルバムや文字、アーティストの写真がくっきりと見えるようになりました。

Spotifyの製品担当ディレクター、Michelle KadirはThe Next Webのインタビューでダークなインターフェースは映画館で映画を見るような体験を与えてくれると説明しています。

これがSpotifyが実現したいアプローチです。Spotifyにリスナーがログオンしたら、ライトが暗くなり、音楽が浮かび上がって流れ始めます。

デザインリニューアルはPC、スマホ、タブレットなど全てのプラットフォームに反映されます。

desktop-artist-730x476

Spotifyはまた、リスナーが好きな音楽を保存、管理、ブラウズしやすくする「Your Music」機能を新たに追加しました。この機能を使うだけで、好きな音楽のコレクションが簡単にオーガナイズでき、好きな時に好きな曲が再生しやすくできます。

desktop-your-music-albums-730x476

ソース
Spotify paints it black with new look (4/2 Spotify)
Spotify gets a new darker look as it strives for cross-platform consistency(4/2 The Next Web)

Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事転載、配信、寄稿、お仕事のご質問は「お問い合わせ」またはTwitter, Facebookからお願いします。RSS購読、フォロー宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ