20140424-record-x600-1398376500

4月19日に世界で開催された、音楽ファンとアーティストがアナログレコードやローカルのレコードストアを祝うイベント「レコード・ストア・デイ」。年一度のイベントでは、アーティストが数量限定のアナログやレアレコードの再盤リリース、ボックスセットなどをリリースし、同時にレコードストアを中心にライブが開催され、アナログレコードやレコードストアの価値と文化を再発見しようという目的でアーティストとファンが楽しむイベントです。

レコード・ストア・デイは昨今のアナログレコード人気を後押しするイベントとして、売上でも貢献しています。特に参加するレコードストアには、年内で最大のアナログ売上があげられるメリットがあります。

インディペンデントなレコードストアでのアナログレコードの総売上は大きく増加し、昨年のレコード・ストア・デイから11%アップ、前週(4/7週)から総売上は91%とこちらも大きな増加でした。

アメリカの週間フィジカル・アルバム売上シェアでは、インディペンデントなレコードストアでの売上が占める割合が19.4%と、過去最大を記録しました。

今年に入ってからのアナログレコードの総売上は、昨年の同時期からすでに36%アップしており、2013年に過去22年の最高記録を更新した前年比30.4%増の600万枚という年間売上を更新する勢いです。

インディペンデントなレコードストアのアナログレコード売上は、レコード・ストア・デイの週は前週の売上から280%アップ、前年同期では58%のアップでした。今週アメリカで購入されたアナログレコードの85%はインディペンデントなレコードストアでの購入でした。

アナログ・アルバムの売上は、前週と比べ176%増加しました。12インチヴァイナルの売上は前週から3100%増加、前年同期比113%と大きくアップしました。

もちろんアナログレコードの売上は、ダウンロードなどと比べると微々たるものしかありません。ですが、レコード・ストア・デイがアナログレコードの人気復活を象徴するイベントとして、音楽ファンのアナログ購入の意欲向上、アーティスト参加のハブ、メディアへのニュース提供として確立されていることは、人と違う音楽体験を届ける選択肢として非常に重要です。

日本でもレコード・ストア・デイは各地のレコードストアでの盛り上がりがソーシャルメディアで見ることが出来ました。売上はどうだったのでしょうか? 情報があれば、日本の様子を詳しく紹介したいです。

レコード・ストア・デイと前週の過去7年間での売上アップの推移

2014 (April 19, 2014): +91%

2013 (April 20, 2013): +59%

2012 (April 21, 2012): +27%

2011 (April 16, 2011): +39%

2010 (April 17, 2010): +12%

2009 (April 18, 2009): +21%

2008 (April 19, 2008): +0.4%

4月20日週 アナログレコード アルバム売上トップ10

1. Childish Gambino, Because the Internet
2. Afghan Whigs, Do to the Beast
3. Notorious B.I.G., Life After Death
4. Bruce Springsteen, American Beauty
5. Jimi Hendrix, Live at Monterey
6. Grateful Dead, Live at Hampton Coliseum
7. Tame Impala, Live Versions
8. Joy Division, An Ideal For Living
9. Flaming Lips, 7 Skies H3
10. Ramones, Meltdown With the Ramones

4月20日週 アナログレコード シングル売上トップ10H/h3>

1. Nirvana, “Pennyroyal Tea”
2. Flaming Lips and Devo, “Gates of Steel”
3. The Cure and Dinosaur Jr, “Just Like Heaven”
4. David Bowie, “1984”
5. Love and Rush, “7 and 7 Is” (released as unnamed “mystery artists”)
6. Frank Zappa, “Don’t Eat the Yellow Snow”
7. Pantera and Poison Idea, “The Badge”
8. Paramore, “Ain’t It Fun”
9. Fleetwood Mac, “Dragonfly”
10. Garbage, “Girls Talk Shit”

ソース

Record Store Day Breaks Sales Records, Nirvana Tops Vinyl Singles(4/25 Rolling Stone)

関連記事  「 SXSW 2014 」音楽部門の公式パネル・セッションを一挙紹介。業界トップのスピーカーが揃う
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ