lloyd-starr-beatport-president

世界最大のエレクトロニック・ミュージック・ストア「Beatport」がCEO交代を発表しました。

CEOのマシュー・アデル(Matthew Adell)は退任し、Beatportを昨年買収したEDMイベント・プロモーション企業SFX Entertainmentのアドバイザーに就任します。新たにBeatportのトップには、BeatportのCOOでDJ用ソフトウェア「Beatport Pro」部門の社長を務めてきたロイド・スター(Llyod Starr)が社長に就任します。

20140707-103448-38088956.jpg

2004年にDJ専門のオンラインストアとして始まったBeatportは、メジャーレーベルからインディーズレーベルまで幅広いジャンルのエレクトロニック・ミュージックをいち早くダウンロード購入できるサイトとして人気を集めています。Beatportは2013年2月にSFXが約5000万ドルで買収しています。

SFXは2013年12月にビジネスのコアとなるダウンロードストアに集中するため、Beatportのレイオフを実施するなど、組織の再編を行っていました。

Beatportでは2012年時点で登録しているDJやアーティストは200,000人以上、ユニークビジター数は4000万人以上、売上は4850万ドル、純損失150万ドルを計上しています。

ソース
A message from Beatport’s new president (7/3 Beatport News)

関連記事  Apple | Apple Tablet Talks, Rumors, Reports for Decade
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ