enrique-iglesias-02-cover-2014-billboard-650

2014年前半スペインの音楽売上が、13年ぶりプラス成長を達成しました。

スペインの音楽業界団体Promusicaeが発表したレポートによれば、CDとデジタルの売上が5808万ユーロ、2013年の前半と比較して6.2%の増加を記録しました。

音楽売上増加の要因は、スペインでの音楽ストリーミングサービスの人気拡大です。スペインは長年違法ダウンロードに売上が侵食され、有料のデジタル音楽サービスの普及はなかなか進んでいませんでした。

レポートによれば、サブスクリプション・モデルと広告モデルの音楽ストリーミングサービスは2014年の前半での売上は1890万ユーロ、2013年の同時期と比べ14%成長しました。レポートでは「ストリーミングサービスの拡大は、勢いを失っているその他の形態の低迷を部分的に補完しています。」と説明しています。

もう1つの売上増加の要因は、アーティスト単位での好調な売上が見られ、マイケル・ジャクソン、コールドプレイ、エンリケ・イグレシアス、ファレル・ウィリアムス、Romeo Santos、そしてDavid Bisbalといったローカルのアーティストが全体の売上向上に貢献しました。

デジタル・アルバム/シングルのダウンロード売上は、630万ユーロで、前年比9%の減少でした。

売上増加の中では、CD/DVD/アナログレコードのフィジカルの売上は3210万ユーロ、前年比6.5%の増加になりました。

Promusicae社長のAntonio Guisasolaは

(スペインの音楽業界は)さらなる多様化と製品の専門性を高めてユーザーのプロフィールに最適化していくために、正しい方向に向けて動いています。私たちはこの成長のトレンドを2014年後半もこの持続性を維持していきます。

とコメントしています。

ソース
Spain’s Recorded Business Rises for the First Time in 13 Years(7/16 Billboard.biz)

関連記事  第56回グラミー賞、受賞者の50%がインディーズアーティスト!なくなりつつあるメジャーとインディーズの境目
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ