6a00d83451b36c69e201a511f5b35f970c-800wi

ニール・ヤングが立ち上げたハイレゾ・オーディオ・サービス「PonoMusic」が、Kickstarterを使ってオーディオプレーヤーPonoPlayerの製造費をクラウドファンディングで集めたことは記憶に新しいでしょう。キャンペーンでは目標額の80万ドル(約8000万円)を大きく上回る600万ドル(約6億円)以上を調達したことで、メディアやオンライン・コミュニティ、そして音楽業界がハイレゾに注目するキッカケを作りました。そしてPonoMusicは今回新たに400万ドル(4億ドル)を株式クラウドファンディングで新たに調達しようとしています。

PonoMusicは株式投資向けクラウドファンディング「Crowdfunder」にプラットフォームを意向。最小限の投資額5000ドル(約50万円)から、投資家に最低5000ドル(50万円)から株式購入できる機会を提供し始めました。クラウドファンディングは9月1日に終了します。出資できるのは、SEC(証券取引委員会)から認定を受けた投資家のみに限定されています。(執筆時18日で目標額の131%を調達達成)

https   www.crowdfunder.com pono-music deal

PonoMusicのクラウドファンディングは、Kickstarter史上3番目に巨額の資金調達に成功し他キャンペーンで、1万8000人以上の支援者から総額6,223,354ドルを調達することに成功しました。出資者にはメタリカやパール・ジャム、トム・ペティなど大物アーティストのサインが入ったPonoPlayerシグネチャーモデルを購入する権利が与えられました。

ハイレゾプレーヤーとダウンロードストアが連携した高品質音楽ファン向けのサービスPonoは今年10月にローンチ予定です。PonoPlayerは128GBメモリーを搭載し、1000〜2000曲の高音質ファイルを保存再生ができます。

PonoPlayerは現在399ドルでプレオーダーできます。

https://ponomusic.force.com/

ソース
You Can Now Invest in Neil Young’s PonoMusic(8/13 Rolling Stone)

関連記事  SoundCloudとSonos、有料サービスで連携
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ