IMG_0461.JPG

YouTubeがクリエイターを支援する新機能として、ファンが直接お金を支払える視聴者ファンディング機能をアメリカ、日本、オーストラリア、メキシコで開始しました。

IMG_0459-0.PNG

新しいファンディング機能は、ユーザーが好きなYouTubeチャンネルオーナーに好きな額を支払い支援できる機能です。ファンディング機能をオンにしたチャンネルの動画を視聴すると、動画左上にハートのアイコンが表示されます。視聴者はこのアイコンをクリックすれば、支払いプロセスを開始できます。ブラウザ内だけでなく、YouTubeアプリ内でも動作します。

IMG_0460.PNG

視聴者は支払う額を独自に設定可能です。グーグルは支払いの際に少額のフィーを受け取ります。アメリカでは、支払いの5%+21セントとなっています。グーグルの手数料は国によって異なります。

全ての支払いはGoogleウォレットで行います。

視聴者ファンディングについての詳細はグーグルジャパンのサイトで見ることができます。

視聴者ファンディングについて

この機能はYouTubeを活用するインディーズアーティストや小さなレーベルにとっては嬉しいニュース。これまでは主に広告収入と外部サイトへの導線といったところがアーティストやレーベルのマネタイゼーションでした。今後は視聴者ファンディングをYouTube上で活用すれば、CDやダウンロードとはまた違った、コンテンツからのマネタイゼーションも実現します。最近YouTubeはクリエイター向けにさまざまな機能追加を行ない、クリエイターコミュニティ育成とコンテンツ拡充に力を注いでいます。

またYouTubeは、サブスクリプション型音楽サービスを間もなく開始する噂が伝えられています。このサービスによる収益分配もアーティストやレーベルにとって新たな収入源になると期待ができそうです。

ソース
YouTube’s new fan funding feature lets you donate to your favorite channel owners (8/2 the Next Web)

関連記事  音楽ストリーミングサービスの規模感がどれくらいか見えるチャートと、その問題点
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ