UEGagency

このような取り組みは今後広がるでしょうか?

売上規模では世界最大のPRエージェンシー「Edelman」(エデルマン)の親会社DJE Holdingsは、世界大手エージェンシー「United Talent Agency」(UTA)とマーケティング・エージェンシー「United Entertainment Group」(UEG)と共に、エンターテイメントとブランドをマーケティングで結ぶジョイントベンチャーを立ち上げることを発表しました。

UTAは、2007年にハリウッドと広告業界をつなぐエージェンシーを目指し、オリジナルのUEGをジョイントベンチャーとして設立しました。今回設立された新会社「United Entertainment Group, a DJE Company」には、エデルマンがすでに運営しているマーケティングエージェンジーグループ「Matter」と、オリジナルのUEGが合併します。新会社UEGでは、3社の人材や知識、クライアントを共有し合いながら、さまざまなブランド向けに音楽などエンターテイメントを軸としたグローバル規模のマーケティング戦略を開発していきます。

エデルマンが新会社の株式過半数を保有し、年間売上3000万ドル(約30億ドル)を目指します。また新会社のトップにはこれまでUEGの代表を務めていたジャロッド・モーゼス(Jarrod Moses)が就任します。

PRエージェンシーのエデルマンにとって、今回のベンチャーはブランドのPRやコンテンツ・マーケティングを複数のプラットフォームで展開するためのエンターテイメント・コンテンツへのアクセスとパートナーの獲得を可能にします。UTAが現在抱える音楽系クライアントには、ファレル・ウィリアムス、レディー・ガガ、エミネム、グウェン・ステファニー、ジャスティン・ティンバーレイクなどを抱えています。その他にはジョニー・デップやアンジェリーナ・ジョリー、ハリソン・フォードなどハリウッドの大物俳優を数多く抱えています。

エデルマンは、メキシコ料理チェーン店「Chipotle Mexican Grill」(チポトレ)のファストフード業界における食糧問題をテーマとしたインタラクティブ・キャンペーン「The Scarecrow(かかし)」を制作し、2014年のカンヌ・ライオンズでPR部門とサイバー部門のグランプリとゴールドライオン(金賞)を受賞しました。

この動画は再生回数が1300万回を越え、またモバイルゲームのダウンロード数は60万回以上という結果を残し、食に対する問題定義を消費者に与えるキッカケとして社会的に影響を与えました。

このキャンペーンでエデルマンはハリウッドのもう一つの大手エージェンシーCreative
Artist Agency(UAA)と組みました。動画で使われている曲は、UAAのクライアントであり、グラミー賞受賞アーティストのフィオナ・アップルによるウィリー・ウォンカのカバー曲「Pure Imagination」です(フィオナ・アップルは菜食主義者としても知られています)。

ソース
Edelman Launches Joint Venture With United Talent Agency(10/7 Adage)

関連記事  ウータン・クランが新作「Once Upon A Time In Shaolin」をアート作品としてオークション販売する斬新な販売戦略
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ