10423-2651-140909-U2-l

アップルがiTunesユーザー全員にU2の最新アルバム「Songs of Innocence」を無料配信したプロモーション・キャンペーンは、アルバムが無料で手に入ると同時に、勝手に曲がダウンロードされるという賛否両論を巻き起こしました。

u2_screen-shot-2014-10-14-at-7-18-22-pm

14日、U2のメンバーが参加したFacebookファンとのQ&Aセッションの動画がU2のFacebookページで公開されました。その中で、ボノはユーザーHarriet Madeline Jobsonからの

お願いだからiTunesで勝手にプレイリストに曲がダウンロードされるアルバムを二度とリリースしないでもらえます?本当にひどすぎる
“Can you please never release an album on iTunes that automatically downloads to peoples [sic] playlists ever again? It’s really rude.”

の質問に対して、

Post by U2.

あの件はすまなかった。素晴らしいアイデアを思いついて、我を忘れてしまった。アーティストはそういったことにはまりやすい。誇大妄想狂の滴、少しばかりの寛大さ、わずかなセルフ・プロモーション、人生を注いで作った曲が聴かれないのではという強い恐怖感があった。世の中はノイズばかりだ。その中を通り抜けるために、自分たちがノイズを出しすぎてしまった。

Oops. I’m sorry about that. I had this beautiful idea and we got carried away with ourselves. Artists are prone to that kind of thing. Drop of megalomania, touch of generosity, dash of self-promotion, and deep fear that these songs that we poured our life into over the last few years mightn’t be heard. There’s a lot of noise out there. I guess we got a little noisy ourselves to get through it.

と謝罪しています。

動画の2分30秒辺りから上記の回答が見えます。

【関連記事】
・アップルのU2最新アルバム無料配信、2100万人がダウンロード、8,100万人が「体験」:アップル幹部が明らかに | All Digital Music

自動ダウンロードに否定的な意見がネットで拡散する中、アップルはU2の最新アルバムを体験した人の数は8,100万人以上で、これはU2の音楽をこれまでiTunesストアで販売した人の数よりも多い」と、キャンペーンが世界中のiTunesユーザーにリーチしたことをPRしています。

「Songs of Innocence」の無料ダウンロードは13日で終了し、CDとデジタルの一般リリースへ切り替わりました。

ソース
‘Oops, sorry about that:’ Bono responds to ‘Songs of Innocence’ iTunes deal(11/14 9to5Mac)

関連記事  ギタリストのジョニー・マー、音楽ストリーミングサービスSpotifyに異議:「パンクロックの正反対だ」
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ