Technics201114

パナソニックのオーディオブランド「Technics」が2015年1月に英国とドイツでハイレゾ音源ダウンロードサーヴィスを開始することが明らかになりました。

新たなサーヴィスの名称は「Technics Tracks」。192kHz/24ビットFLACと44.1kHz/16ビットオーディオ形式の2種類のフォーマットで、オーディオ好きなユーザー向けに音源を提供します。サーヴィスには、Mac、PC、iOS、Androidでアクセスができます。購入した音源はクラウド上のロッカーに保存され、複数のデバイスで再生が可能になるとのことです。

Technics Tracksはイギリスに拠点を置くデジタル音楽プラットフォーム「7digital」が開発を担当。

Technicsのヨーロッパ地域ブランド戦略のトップを努めるデヴィッド・プリース(David Preece)は、

Technics Tracksは全てが揃った総合的な高音質オーディオ体験を消費者に届けるための重要なツールになるでしょう。私たちは、リスナーが我々のオーディオ機器を用いて好きな音源を再生し、本物のハイレゾ音源を体験した時に起きる、これまでにない驚きによる独自のエモーショナルな体験を熟知しています。

とコメントしています。

ロックアーティストのニール・ヤングも独自にハイレゾ音楽プラットフォーム「PonoMusic」を開発するなど、ハイレゾ音源を活用した同様のサービスは増えています。

ソース
Technics to launch high-quality music download service (11/20 FACT Magazine)

関連記事  【特別インタビュー】音楽に掛ける情熱の作り方。Discogs創業者ケヴィン・レヴァンドフスキーが語る - FNMNL☓All Digital Music共同企画
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ