2014LabelsBandcamp

インディーズアーティストやDIYアーティスト達の音楽リリースを支援する音楽サーヴィス「Bandcamp」が、今度はレーベル向けに新たなサーヴィス「Bandcamp for Labels」を開始しました。

https://bandcamp.com/labels

bandcamp-for-labels-site-subpop

「Bandcamp for Labels」はインディーズレーベルが所属アーティストのリリースやグッズ販売を一括して運営できる、インディーズレーベル向けのアカウントです。これまでBandcampでは個別のアーティスト向けに無料または有料アカウントを発行してきました。「Bandcamp for Labels」ではアーティストの作品などの販売をレーベルがオンラインストアのように管理し運営することが可能になります。さらに「Bandcamp for Labels」を利用するレーベルのアーティストは全て、Bandcampの有料会員向けオプション「Bandcamp Pro」が利用でき、限定公開の音源配信や動画配信、解析機能などが利用可能になります。

その他の機能では、リリース毎に支払い方法を設定できたり、再生や売上げデータを一元的に管理して確認することができます。

「Bandcamp for Labels」はアーティスト最大15組で月額20ドル、またはアーティスト数制限なしの月額50ドルの二通り。

2014LabelsBandcamp2

すでにSub Pop, Ninja Tune, Daptone, Epitaph and Future Classicなどの有名インディーズレーベルが「Bandcamp for Labels」の利用を開始しています。

現在、Bandcampではサイト上で参加レーベルを募っています。
https://bandcamp.com/label_signup

ソース

関連記事  ユーザー数1000万人に到達した音楽ストリーミングサービス、Spotifyのアメリカ進出への長い道のり
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ