rdio-logo

インドでサーヴィスをローンチして一週間経ったか否かの年始に、アメリカのサブスクリプション型音楽ストリーミングサーヴィス「Rdio」が、アジア諸国を含む世界24カ国に進出したと発表しました。

VentureBeatのレポートでは、モバイルキャリアのDigicelと組み、中米、アジア太平洋、カリビアンなど新規市場に進出、合計1,400万人の有料会員にサーヴィス提供が可能になりました。これによって、Rdioは世界で85カ国に進出、ライバルのSpotify(58カ国)を追い越しましたが、その上を行くDeezer(180カ国以上)からは100近く遅れています。

Skypeの共同創業者Janus Friisが2010年に創業したRdioは、SpotifyやDeezer、Pandora、Beats Musicなど新旧の音楽配信サーヴィスからの競争に直面してきました。新興市場への進出とモバイルキャリアとの提携は、Rdioユーザーをモバイルから一気に獲得して有料会員を増やすチャンスを拡大することが今後予想されます。

ソース
Rdio launches in 24 new territories, focuses on emerging markets (1/22 VentureBeat)

関連記事  定額制音楽配信Rdio、キュレーション型音楽発掘サービスのTastemakerXを買収
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ