jayzmusicstreaming

ヒップホップ・プロデューサーのジェイ・Zが音楽ストリーミングサービスを買収したことが正式に発表されました。

ジェイ・Zは投資会社Project Panther Bidco (ジェイ・Zが経営する会社の一つ)を通じてスウェーデンのIT企業Aspiroの株式を5,600万ドルで買収し経営権を獲得、Spotifyやアップルと競争できる音楽サービスを手にしたことになります。Aspiroは北欧で人気の定額制音楽ストリーミングサービス「WiMP」と、高音質の音楽ストリーミングサービス「Tidal」を運営しています。

tidal-streaming-music

WiMPは現在有料会員数51万2000人でその内の3万5000人が高音質配信のTidalユーザーと2014年10月の発表で明らかになりました。

特に注目されるのが、高音質配信のTidal。2500万曲分のFLAC、ALACロスレス形式の音楽を1411kbps、44.1kHz/16ビットで配信します。通常の音楽サービスでは最大320kbpsで配信されています。現在月額料金20ポンド/20ドルと通常の音楽配信の2倍の料金設定になっています。

Aspiroは定額制音楽サービスを3月までに22カ国に展開する計画を打ち出していました。

ソース
Jay-Z wins battle for music streaming company (3/13 The Guardian)
photo credit: www.adamglanzmanphotography.com  cc

関連記事  音楽ファンのTwitterやInstagramで投稿されたライブレビューを表示するインタラクティブ・レビューマップ
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ