jay-z-b-sides-live

ヒップホップ・プロデューサーのジェイ・Zは、高音質な定額制音楽ストリーミングサービス「Tidal」の有料会員向けにニューヨークのTerminal 5でプライベートコンサート「Tidal X: Jay Z B-Sides」を開催しました。

これはジェイ・ZとTidalが会員向けに行うスペシャルライブ企画。3000人規模のこのレアイベントのチケットを手に入れるには、Tidal上でハッシュタグ「TIDALXJAYZ」を付けたプレイリストをキュレーションすること。ライブの模様はまたTidal限定でライブストリーミング配信されました。

イベントではJay Electronica, Just Blaze, Young Jeezy、 Memphis Bleekなど豪華ゲスト・アーティストを招き、さらに滅多に演奏しないレアな楽曲が中心の構成でフ長年のァンが楽しめるライブを披露しています。

またフリースタイルでは、TidalのライバルサービスでもあるYouTubeとSpotifyに直接言及し、Tidalに対する批判を攻撃する、ジェイ・Zらしいアクションを起こします。

“I feel like YouTube is the biggest culprit, Them n****s pay you a tenth of what you supposed to get… Tidal, my own lane, same difference, Oh n****s is skeptical about they own shit… Spotify worth nine billion and they ain’t say shit!”

YouTube, Spotifyの他にも、ファレル・ウィリアムス、ジミー・アイオヴィン(Beats Music共同創業者)、スティーブ・ジョブズについても触れている90秒のフリースタイルはこちらをご覧ください。

「B-Sides」コンサート全編はこちら。

ジェイ・Zのフリースタイルは17:18あたりから。

ジェイ・Zが3月に運営を開始した定額制音楽ストリーミング「Tidal」は、マドンナやダフト・パンク、リアーナなど豪華なアーティスト達が登場した発表イベントとは対照的に、ユーザー獲得とアプリ利用が伸び悩んでいるという批評が巻き起こっています。ジェイ・Zが運営権を買収する以前にTidal を運営していたノルウェーのAspiroによれば、2014年末時点で有料会員は50万人とレポートしています。

ジェイ・Zはアーティストにとって有益なプラットフォームにTidalをシフトしようと、エクスクルーシブなコンテンツの配信を行い、またTidalの所有権を前出のアーティスト達と共有していることも特徴です。現在Tidalは世界30カ国以上に展開しています。

ソース
Jay Z ‘B-Sides’ concert review: Live versus streaming(NY Daily News)

関連記事  ナップスター共同創設者でFacebook投資家のショーン・パーカーが、米国進出を目指すフリー音楽ストリーミングサービス「Spotify」の戦略モデルを初めて公開
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ