kkbox

世界的なインディーズレーベルの権利保護を支援する独立系団体「Merlin」(マーリン)と、台湾の定額制音楽ストリーミングサービス「KKBOX」がライセンス契約で合意したことが発表されました。

Billboardの報道によれば、Merlinではアジア全体では初めてのライセンス契約となり、台湾、香港、マカオ、シンガポール、マレーシア、タイ、そして日本でのサービスに楽曲を提供していきます。2008年に立ち上げられたMerlinはSpotifyやDeezer、Beats Music、YouTube Music Key、Rdioなどのデジタルサービスと契約を結び、楽曲配信やアーティストに公平な契約の交渉を行っている団体です。Merlinに参加するインディーズレーベルや関連団体には、ベガーズ・グループ、Domino、Warp、!k7、Kobalt Label、Cooking Vinyl、PIASなどが名を連ねています。すでにアジアのアーテイストは配信しているKKBOXに、世界的に人気のインディーズアーテイスト達が加わることは、ただ人気のアーティストだけを追いかけるのではなく、アーティストとレーベルをサポートするコミットメントを示す意味合いのほうが重要だと感じます。

1000万人アクティブユーザー200万人の有料会員を持つKKBOXに、Merlinに参加する2万以上のレーベルやディストリビューターの楽曲カタログをサービスに加わります。これによって、世界基準のインディーズアーテイストの楽曲でコンテンツを大幅に拡充、Merlin所属のレーベルはアジア圏内でストリーミング配信によるプロモーションや収益アップに繋げることになります。

ソース
Merlin Partners With Asian Streaming Service KKBOX(Billboard.biz)

関連記事  音楽ストリーミングサービス「スポティファイ」、台湾でサービスを開始。新たに4市場を加え世界展開を拡大
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ