coachella_fest

世界で圧倒的な動員数を毎年獲得する、カリフォルニアの野外音楽フェスティバル「コーチェラ・フェスティバル」並の巨大音楽フェスが来年6月にニューヨークで開催されるかもしれません。New York Daily Newsが伝えています。レポートによれば、ニューヨーク市はコーチェラを運営するプロモーション企業の大手AEG Liveとすでに協議を始めた様子で、クイーンズのフラッシング・メドウズ・コロナ・パークでの開催を計画していると言われています。

現在は「Panorama」という仮の名称で呼ばれるこのフェスが実現すれば、クイーンズでは1964年に開催されたニューヨーク万国博覧会以来の大型イベントとなることが予想されます。またこのフェスは同時期に開催されるかも人気のフェス「Governors Ball Festival」とファンとアーティスト獲得で競争を余儀なく迎えそうです。

AEG Liveはすでにアーティストの招聘に入っており、日程もGovernors Ballの2週間後(2016年6月3日〜5日開催)になるのではと噂されています。

Governors Ballはこれまでにカニエ・ウェストやラナ・デル・レイ、ザ・ブラックキーズなどがヘッドライナーとして登場してきた、ジャンル豊かな音楽フェスで、アメリカの音楽産業でも数少なくなった独立系プロモーション企業の一つFounders Entertainmentによって運営されています。調べによると2014年開催時のニューヨーク市への経済効果は4000万ドルに上りました。

AEG Liveのコーチェラ・フェスティバルは毎年4月に開催される巨大フェスで、現在は週末2回で開催されるほどの人気を誇ります。チケットは発売と同時に完売になるほど競争率が高く、フェスのブランド力は年々強まる一方です。

ソース
EXCLUSIVE: Producers behind Coachella eyeing Flushing Meadows Corona Park for 2016 music festival (New York Daily News)

関連記事  Spotify、新しいモバイル戦略を発表後アプリ・ダウンロード数が4倍に跳ね上がる
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ