timm_news

直前になっての告知ですみません。

10月20日から22日までの3日間、第12回東京国際ミュージック・マーケット(12th TIMM)が開催となります。TIMMは日本と世界の音楽ビジネス関係者が集まり、最新のビジネストピックについてのディスカッションを行ったりネットワーキングを行い、日本の音楽輸入と輸出を活性化させることを目指した音楽カンファレンスです。

https://timm.go.jp/jp/

3日間には、日本のさまざまなレベルの音楽業界関係者が集まり、「音楽ビジネスの戦略」を大きなテーマとして、それぞれの得意分野における戦略や問題についてのパネルディスカッションが繰り広げられます。またTIMMのジョイントイベントとして開催されるライブには、SEKAI NO OWARI、Scandal、androp、OLDCODEXが参戦する予定です。

音楽コンテンツの海外展開、エンターテインメント・コンテンツのマーケティング、定額制音楽配信、アーティスト・マネジメント、権利問題に関心のある方はぜひご参加ください。

微力ながら21日の「定額制音楽配信ビジネス」のセッションでモデレーターをやらせていただくことになりました。こちらのセッションですが、日本で展開する音楽配信ビジネスの各社ご担当者さんが一同に顔を揃える貴重な機会で、恐らく今までにもこのようなメンバーが揃ったことは一度も無いほどです。定額制音楽配信の分野からも日本の音楽市場とエンターテインメント市場を盛り上げられたらと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。

10月20日 (火)

10:00 – 11:00:「日本の音楽輸出における戦略とは」

<モデレーター>
ロブ・シュワルツ(ビルボード誌 東京支部長)

<登壇者>
Jeff Miyahara(音楽プロデューサー)
ガブリエル・ウィーラー(アメーバ・ミュージック 日本音楽バイヤー)
駒崎絵里(株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ、インターナショナル・マーケティング)
Krystal Yang(SIVA Group/Chief Operations Officer)

11:30 – 12:30: 「世界に広がるジャパンカルチャーイベントとジャパンコンテンツ戦略」

<モデレーター>
中川悠介(アソビシステム株式会社 代表取締役社長)

<登壇者>
ショーン・チン(SOZO Pte Ltd/Executive Director)
丸茂 和博(CROSS MEDIA LTD /Managing Director)
吉田 猛(J-POP SUMMIT/ Chief Producer)
ビュオン・ファブリス(Japan Expo/マーケティング マネージャー)

10月21日(水)

10:00 – 11:00: 「日本市場においての、音楽ストリーミング・サービスの今後の展望とは」

<モデレーター>
ジェイ・コウガミ(デジタル音楽ジャーナリスト)

<登壇者>
八木 達雄 (KKBOX Japan/代表)
小野 哲太郎(AWA 取締役 プロデューサー)
高橋 明彦(LINE MUSIC株式会社 取締役)
山﨑 浩司(株式会社レコチョク 常務執行役員)
鬼頭 武也(Google Play Music)

11:30 – 12:30: 「世界のアニメコンベンションが抱える現在の問題と今後の進むべき道とは」

<モデレーター>
井上俊次(株式会社ランティス 代表取締役社長)

<登壇者>
彌富 健一(アニメコンソーシアムジャパン 執行役員)
マーク・ペレス(SPJA (Anime Expo)/CEO)
ジェニファー・ピロ(Otakorp, Inc/ Business Director)
近沢 隆(Yamato Corporation/CEO)

10月22日(木)

10:00 – 11:00: SyncSummit 2015 @ TIMM

<モデレーター>
マーク・フリーザー (CEO / SyncSummit)

<登壇者>
グウェン・ライリー(Head of Business Affairs Music, Disney Interactive)
ノラ・フェルダー(Picture Music)
ジョン・ビッセル(Mothlight Music, Inc.)
トッド・ポーター(Goodby Silverstein)

11:15 – 12:00: 「日本及びアジアのマーケット・レビュー及び海外からの著作権使用料の徴収について」

<登壇者>
ジョニー・トンプソン(株式会社日音 取締役)
瀬尾康二(エイベックス・ミュージック・パブリッシング株式会社/開発部 国際課 統括課長)

12:15 – 13:15: 「韓国・台湾・日本における作家同士による楽曲の共同制作(Co-Write)及び楽曲採用に至る経緯について」

<モデレーター> ジョニー・トンプソン(株式会社日音 取締役)

<登壇者>
Hyowon Chung(S.M. Entertainment, Co., Ltd./Publishing Team Leader)
Pehsun Su(SonyATV Taiwan/A&R Manager)
大工原 望(日本テレビ音楽株式会社 チーフプロデューサー)

ソース
TIMM 2015

関連記事  アマゾンは音楽業界をどう見ているのか? 音楽とPrimeとAlexaがなぜ重要か、戦略担当者が語る
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ