spotify_womeninmusic2016

3月8日は「国際女性デー」(International Women’s Day)。国連によって定められたこの日は、女性の権利と世界平和を目指し、1977年から正式に記念日なりました。人権、平和について戦い、考える国際女性デーは、女性の活躍を振り返り成功を称えるキッカケを与えています。

定額制音楽ストリーミングサービスで世界最大手の「Spotify」は、国際女性デーを音楽で祝う形として、これまでSpotifyで最も聴かれた女性アーティストのトップ10を発表しています。

1. リアーナ
2. アリアナ・グランデ
3. ビヨンセ
4. エリー・ゴールディング
5. ケイティ・ペリー
6. ラナ・デル・レイ
7. Sia
8. アデル
9. セリーナ・ゴメス
10. メーガン・トレイナー

Spotifyはまた、音楽の歴史において最も重要な音楽アイコンから、現代の音楽シーンで活躍する女性アーティストたちに焦点を当てたオーディオシリーズ「Women in Music & Culture」を公開しました。

このシリーズでは、15のジャンル別プレイリストがSpotifyによってキュレーションされ、ケリー・クラークソンやZendaya、EchosmithのSydoneyら現代の女性アーティストたちが偉大な女性アーティストたちを振り返るオーディオコメンタリーで登場します。

音楽だけでなく、女性作家による小説や詩がキュレーションされたプレイリスト「Women’s Lit」「Jane Austen A Literature Playlist」なども含まれています。

世界規模で、女性アーティストたちの活躍が無ければ、今の音楽シーンや音楽ストリーミングへの期待や盛り上がり、進化は生まれてこなかったでしょう。何をすれば女性アーティストやクリエイティブを祝えるのか、決まった祝い方や方法が無い場合、参加すること自体に抵抗を感じるかもしれませんが、Spotifyなど音楽ストリーミングサービスがプレイリストで祝い、リスナーが女性アーティスト達の音楽を聴くことも、国際女性デーへの参加の方法ではないかと感じます。

ソース
Spotify

関連記事  「世界の音楽ストリーミングサービスはどの国で使えるの?」。エンタメ系サービスの利用エリアがひと目で分かる世界地図2014年版が公開
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ