applemusic_alexanderwang

アップルは突然いろいろ仕掛けてきます。

Apple Musicはプラットフォーム内でファッションチャンネルを新たに開設、ファッションデザイナーのアレキサンダー・ワンがキュレーションしたプレイリスト「Chill」「Hype」「Vibe」を公開しました。ファッションデザイナーをキュレーターに起用したのはApple Music初の試みです。

3つのプレイリストにはリアーナやドレイクからDiplo、M.I.A.、A$AP Rocky、Meek MillなどR&Bやヒップホップトラック15−20曲が選曲されています。アレキサンダー・ワンは年間を通してプレイリストをアップデートしていく予定です。

http://www.applemusic.com/fashion

Exhaustingly good. Introducing Alexander Wang on #AppleMusicFashion http://Apple.co/Fashion @applemusic #AWDebut

ALEXANDER WANGさん(@alexanderwangny)が投稿した動画 –

アップルはメトロポリタン美術館の Costume Instituteが5月に主催した特別展「Manus x Machina:Fashion in an Age of Technology(=手仕事×機械:テクノロジー時代におけるファッション)」を共同スポンサーしました。この展示会ではファッションデザイナーのクリエイティブなビジョンを手作業と技術の両軸からフォーカスを当てて、伝統的なファッションからウェアラブルや3Dプリンティング、センサー技術、モデリングなど最新技術を紹介するイベントとして注目を集めました。

やっぱり、黒かー。

ソース
Alexander Wang Is Apple Music’s First Fashion Curator(Vogue)

関連記事  アップルにTIDALは必要なのか? Apple Music責任者ジミー・アイオヴィンが否定した買収の噂
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事の転載、配信または寄稿や講演などお仕事のご質問は「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからお願いします。購読、フォローも宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ