amazon-echo-dot

Amazonは、アップルやSpotifyに対抗するべく、Prime会員限定サービスとは別にスタンドアローン版の定額制音楽ストリーミングサービスを準備していると、関係者からの情報をロイターがレポートしています。

Amazonが計画する定額制音楽ストリーミングサービスは月額9.99ドルとApple MusicやSpotifyの有料プランと同じ価格になる模様。

現在Amazonはサービス開始に向けてレコード会社との交渉をまとめている段階で、新サービスは今夏または今秋にローンチする予定と関係者は語っています。

AmazonはPrime会員向けに無料の音楽ストリーミングサービス「Prime Music」と、所有する音源やダウンロード購入した音源をクラウドに保存できるデジタルロッカーサービスを日本をはじめ世界で提供しています。

ロイターによれば、Amazonが定額制音楽ストリーミングに参入する理由には、Amazonが独自開発するスマートスピーカー「Amazon Echo」(現在、日本では購入不可)の利用を強化する狙いがあるようです。

サービス開始から8年目のSpotifyと、昨年から始まったApple Music、さらにグーグルが提供するGoogle Play MusicとYouTubeの定額制YouTube Redが単独のサービスであることに対して、AmazonだけがPrimeユーザーをターゲットにした総合的なデジタルサービスを提供する異なるアプローチを仕掛けてきました。

またAmazonは前述のAmazon EchoスマートスピーカーやFire TVに導入される音声コマンドシステム「Alexa」を開発しています。AlexaはAppleの「Siri」やグーグルの「Google Now」と並び、今後のデバイス利用における重要な役割を担う新しいインターフェースと見られています。すでにAmazon EchoというオーディオシステムでAlexaを導入済みのAmazonは、他社に比べて音声認識付きスマートスピーカーの領域でわずかですが一步リードしている存在で、Amazon Echoに対抗するためにAppleとグーグルはそれぞれSiriとGoogle Homeをベースにしたスピーカーシステムやサードパーティとの連携を強化していくと噂されています。

AmazonはPrime Musicとは別にAmazonで特定のCDやアナログレコードなどフィジカルの音楽を購入した際に、無料でMP3データをクラウドに保存してくれる「AuroRip」という便利なサービスも提供してくれています。こちらはPrime会員でなくても対象となります。

ソース
Exclusive: Amazon is preparing to launch streaming music service – sources(Reuters)

関連記事  Amazon、自動車メーカーのフォードと提携しクラウド型音楽サービスAmazon Cloud Playerを車載システムで利用可能に
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事の転載、配信または寄稿や講演などお仕事のご質問は「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからお願いします。購読、フォローも宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ