drakeviews_billion

カナダ人MCドレイクは、アルバム「Views」がアップルの音楽ストリーミングサービス「Apple Music」で、初めてストリーミング再生が10億回(1 billion)を達成したアーティストとなり、アップルCEOティム・クックらと共にマイルストーンを祝う写真をInstagramに投稿しました。

🍏🍎 Thank you to everyone. OVO Sound to the 🌎 @applemusic

champagnepapiさん(@champagnepapi)が投稿した写真 –

4月29日にリリースされた「Views」は、Apple MusicのBeats 1でプレミア公開された後に、独占配信としてどこよりも先に配信が始まりました。アルバムはApple MusicとiTunesで2週間の独占コンテンツとして全世界で配信した後、SpotifyやTidalなど他の音楽ストリーミングサービスへと展開されました。これは、ダウンロードやストリーミングが解禁されるまで、わずか24時間の独占配信しか行わなかったビヨンセの「Lemonade」とは全く異なる戦略です。Billboardによれば、「Views」はアメリカで初週上半期アルバムチャートで1位を13週で獲得、総合でも1位を獲得しています。特にダウンロードよりもストリーミングの勢いが時間とともに伸びているとBillboardはレポートしています。

「Views」の初週のストリーミング再生合計は2億4510万回。しかもこれはアメリカの音楽ストリーミングだけの数値です。それまでの初週ストリーミング再生の最高記録は、ビヨンセの「Lemonade」で1億1550万回でした。

10億再生はどのアーティストにしても価値のある数値で、ドレイクとアップルの発表を踏まえて、「Views」が他の音楽ストリーミングでも配信されている現実を考えると、その数は10億再生を遥かに越えた再生回数に達していると予想がつきます。

さらにApple Musicにとって、これだけ短期間で10億再生を達成するほどのパワーがこのプラットフォームにあることを証明したことになります。特に「独占配信」という戦略の一つでこの結果を達成しただけに、アップルの経営陣も満足していることでしょう。

ドレイクは2015年にはSpotifyで18億ストリーミング再生を記録して、最も再生されたアーティストに選ばれた歴史があり、今や音楽ストリーミング時代を象徴するアーティストの一人と言っても過言ではありません。

関連記事:音楽ストリーミングサービスの規模感がどれくらいか見えるチャートと 、その問題点 | All Digital Music

ソース
Drake’s ‘Views’ Is The First Album To Hit One Billion Streams On Apple Music(Forbes)
Drake’s Chart Dominance, Streaming, and Why Album Sales Aren’t What They Used to Be: Guest Analysis (Billboard)

Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事転載、配信、寄稿、お仕事のご質問は「お問い合わせ」またはTwitter, Facebookからお願いします。RSS購読、フォロー宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ