もはや「世界の音楽フェス」と称される規模へ、ULTRAの成長が止まりません。

9月16日から18日の3日間、東京のお台場で開催された、世界最大規模のダンスミュージック・フェスティバル「ULTRA JAPAN」。例年のごとくSNSがULTRAの話題で盛り上がった日本を含めたアジア開催について、「ULTRA」ブランドを運営するULTRA Worldwideが発表した最新の実績は、世界で最も成功している国際音楽フェスティバル・プロデューサーの冠にふさわしく、拡大する音楽フェスティバル産業の中でも、目を見張る勢いで成長が伺える数値でした。

来年2018年に20周年を迎える「ULTRA Music Festival」のアジア開催は、今年6月から9月までの4カ月で、日本を含むアジア9カ国に拡大合計17のイベントが開催されました。「ULTRA」フェスティバルと、「RESISTANCE」イベント、「ULTRA」へのカウントダウン的なイベント「Road to ULTRA」の3イベントのアジア開催では40万人以上を動員し、今年は新たに中国・上海開催の「ULTRA China」、インド・ムンバイとニューデリーでの「Road to ULTRA India」、インドネシア・バリ島での「RESISTANCE」がラインナップに加わっています。

ULTRAは2018年までに6大陸、23カ国への進出計画を発表済みで、前述の上海、インドに加えて、オーストラリアで2018年に進出予定、さらなる世界展開を強化しています。

Ultra Japan, Photo by Rudgr (PRNewsfoto/ULTRA Worldwide)

またフェス運営に加えて、オンラインでのプレゼンスも同時強化している戦略は注目です。ULTRA Worldwideが独自運営するライブ動画プラットフォーム「ULTRA LIVE」の動きも好調で、中国、インド、日本、シンガポールでのイベントは2,500万人以上のビューワーを獲得。上海と東京のフェスはULTRA LIVEの他に、YouTube、Tencent、Panda TV、LINE Liveなどでも配信され、動画配信ビュー数は、昨年のアジア開催と比較して2200万以上のビューワーを新たに獲得して、アジア圏でのULTRAブランドのプレゼンス拡大が進んでいます。

「ULTRA」フェスティバルと「ULTRA」ブランドのアジア展開

ULTRA Korea: 6月10 – 11日 @ Olympic Stadium, Seoul
ULTRA Singapore: 6月10 – 11日 @ ULTRA Park, Singapore
Road to ULTRA India Mumbai: 9月7日 @ Mahalaxmi Race Course
Road To ULTRA New Delhi: 9月8日 @ @ India Exposition Mart, Greater Noida
 ULTRA China: 9月9-10日 @ Shanghai Expo Park, Shanghai
Road to ULTRA Taiwan:  9月10日 @ Da Jia Riverside Park, Taipei
Bali Music Week Opening Party: 9月13日 @ Mirror, Seminyak
ULTRA Beach Bali: 9月14 – 15日 @ Potato Head Beach Club, Seminyak
RESISTANCE Bali Afterhours: 9月14 – 15日 @ Jenja 
Road to ULTRA Philippines: 9月15日 @ Mall of Asia Arena, Manila
RESISTANCE Bali Closing Party: 9月16日 @ Ku De Ta
Road To ULTRA Hong Kong:  9月16日 @ Nursery Park, West Kowloon Cultural District
ULTRA Japan: 9月16 – 18日 @ Tokyo Odaiba Ultra Park, Tokyo
RESISTANCE Tokyo Afterparty: 9月16 – 18日 @ Womb, Tokyo

 

関連記事  米国の音楽ストリーミングサービス「Slacker」、ライブ動画サービスの「LiveXLive」が5000万ドルで買収

先日4年目を迎えたULTRA Japanには、3日で12万人以上のファンが参加。ULTRAフェスティバルでは4カ国目となるLive Stageを新たに加え、これまでよりもはるかに幅の広いアーティスト・ラインナップを実現、ダンスミュージック・ファンに向けて音楽の多様性を強調しています。

ソウルで開催されたULTRA Koreaは6年目を迎え、2日で12万人以上の動員を記録。2018年は3日に拡大予定となっています。シンガポール開催となったULTRA Singaporeでは5万人以上を2日で記録。

初開催のULTRA Chinaは2日で4万人を動員。またインドでのRoad To ULTRAではニューデリーとムンバイでそれぞれ1万5000人、1万2000人を動員しました。

10月からはULTRA FestivalとULTRAイベントは、初開催のメキシコを含むラテンアメリカ9カ国を10日で周る日程が決定しています。

もはやULTRAをダンスミュージック・フェスティバルとしてとして見なすこと自体が古い見方かもしれません。国際的に知名度の高い音楽フェスと言えば、日本でも「コーチェラ・フェスティバル」や「グラストンベリー・フェスティバル」といった、ロック中心のミクスチャー・フェスティバルが真っ先に思い浮かぶ人も多いとおもいますが、数ヶ月に及ぶ6大陸での世界開催を実現するULTRAの音楽フェス・ブランドとしての価値は、ビジネス的な成長を続けるフェス産業においても、稀有な存在です。もはやULTRAを「世界を代表する音楽フェスティバル」と評価を変える時期に入っています。

ソース
ULTRA Worldwide Concludes Another Record-Setting Asia Tour (ULTRA Worldwide)
ULTRA Festival
ULTRA Japan

Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ