Appleは噂されるオンラインラジオサービス[iRadio」に向けて、大手レコード会社のユニバーサルミュージックと来週にも契約で合意するとレポートされています。

The Vergeによれば、Appleはユニバーサルミュージックとの交渉が最終段階に入っており、ワーナーミュージックとも合意間近にあると伝えています。

Appleは米国最大のオンラインラジオ「Pandora」と似た音楽ストリーミングサービスを年内後半に立ち上げると噂されています。

サービス立ち上げにはソニーミュージックやSony / ATVなど大手音楽パブリッシャーとの契約合意が必要ですが、ソニーとの交渉は進捗が見られない模様です。

New York PostによればAppleはiRadioサービスの交渉で、Pandoraが支払っている額の半額となる100曲につき6セントというロイヤリティフィーをレコード会社に提示したと言われています。ですが最新の情報によれば、Appleは現在Pandoraとほぼ同額のロイヤリティを提案しているそうです。さらにAppleはiRadioで、レコード会社に新しい広告モデルのレベニューシェアを提案しているらしい。
Apple、噂される音楽ストリーミングサービスで大手レコード会社2社と契約が間近、今夏に日本を含む世界ローンチの可能性

サービスの内容ですが、iRadioはオンデマンド機能を搭載し、iTunesからも購入できる連携機能があると言われています。

今年に入ってAppleの音楽サービスの噂が増えています。これはサービス開始に向けて本格的に動いていることの裏付けかと思います。今年の「WWDC 2013」でサービスが発表される可能性が十分にありえますね。

ソース
Apple and Universal Music agreement on streaming iRadio service imminent(4/12 The Verge)

関連記事  トレント・レズナーとアップル、『音楽配信』の極秘プロジェクトを進行中「製品を共同開発しないかと誘われた」
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ