Google、SpotifyやDeezerと競合する定額制音楽ストリーミングサービスの開始に向けて大手レコード会社と交渉中

Googleは15日(現地時間)から開催する「Google I/O」で、サブスクリプション型音楽ストリーミングサービスを発表します。

Googleの新しい音楽サービスは、Google Playを中心とし、ダウンロードストアとデジタルロッカーサービスと連携したサービスになる模様です。サービスの内容はSpotifyと同様のストリーミングサービスで、音楽をオンデマンドで配信したり、PCやモバイル端末での視聴が可能になる予定です。先日開始したYouTubeのサブスクリプション型有料チャンネルとは別のサービスとなります。

ニュースを伝えたThe Vergeによれば、Googleはユニバーサルミュージックおよびソニーミュージックの間で、YouTubeとGoogle Playでのライセンス契約に合意したとレポートしています。

ニューヨーク・タイムズによれば、Googleの音楽ストリーミングサービスは、有料サービスとして提供予定です。現時点での価格帯は不明です。またウォールストリートジャーナルによれば、契約の一部にYouTubeがオーディオのみのライセンス契約を締結しようと交渉を進めているそうです。

Googleの新しい音楽サービス発表は、同じく音楽ストリーミングサービスの分野に進出しようとしているAppleを先行することになります。AppleはオンデマンドではなくPandora RadioのようなオンラインラジオサービスをiTunesに組み込んだ「iRadio」と噂されるサービスの開発を進めています。しかし、レコード会社との交渉が難航し、なかなかサービスを発表するところまで至っていません。

このニュースは随時更新して行きます。

 

ソース
Exclusive: Google readies its Spotify competitor with Universal and Sony now on board(5/14 The Verge)

関連記事  世界で急成長する定額制音楽ストリーミングサービス「Spotify(スポティファイ)」がニューヨークオフィスを拡大、発表会見にはNY市長も立ち会う、テック業界の雇用拡大に貢献
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ