これまで長い間GoogleがYouTubeを使って定額制の音楽サービスを準備していることが噂されてきました。

Android PoliceがYouTubeのAndroidアプリの最新アップデートを調べたところ、噂されるYouTubeのサブスクリプション型音楽サービスに関する記述を発見、「YouTube Music Pass」という名のサービスになるとレポートしています。

レポートによれば「YouTube Music Pass」では、サブスクライバー(有料会員)は数百万以上の楽曲を広告無しで、オフライン環境でも、他のアプリを利用中でもバックグラウンドで再生できる模様。

YouTubeが定額制の音楽サービスを開発していることは、10月末に明らかになっています。

【速報】YouTube、動画連動のサブスクリプション型音楽サービスを年内に開始。米メディアが報じる

ですが、その後の情報はこれまで分かっていませんでした。現在いつGoogleがYouTube Music Passを始めるかは明らかになっていません。

Googleはすでに定額制の音楽ストリーミングサービス「Google Play Music All Access」を今年から開始しています。

ソース

[APK Teardown] YouTube 5.3 Reveals Upcoming ‘Music Pass’ With Uninterrupted Music: Millions Of Songs With No Ads, Offline Playback, And Background Listening (11/26 Android Police)

関連記事  アーティストに朗報! YouTubeがライブ・ストリーミングの制限を緩和
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事の転載、配信または寄稿や講演などお仕事のご質問は「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからお願いします。購読、フォローも宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ