イギリス最大の音楽アワード、ブリット・アワードは2月19日(日本時間20日早朝5時)にロンドンのO2アリーナで開催される授賞式をYouTubeでストリーミング中継することを決定しました。

ブリット・アワード公式YouTubeチャンネルから世界に向けた授賞式のストリーミング中継は、ブリット・アワード初の試みとなります。

当日の授賞式では、アークティック・モンキーズ、ケイティ・ペリー、ブルーノ・マーズ、ファレル・ウィリアムス、ロード、エリー・ゴールディング、Bastille、Rudimental、Disclosureによるパフォーマンスが予定されています。

今年のブリット・アワード ノミネート作品はこちら!
ブリット・アワード、バスティルとディスクロージャーが最多ノミネート(1/10 MTV Japan)

今年のブリット・アワードはデジタル戦略を強化し、ファンにこれまでと違った楽しみ方を与えてくれます。当日はライブストリーミング中継の他に、アワード前やバックステージなど特別動画コンテンツも配信されることが発表されています。また、当日のパフォーマンスは、ライブ音源としてアワード終了後にiTunesでの配信が決定しており、その売上は非営利団体War ChildおよびBRIT Trustにチャリティとして寄付されます。

さらにブリット・アワードでは、もう一つの新しい試みとしてファンがTwitterから好きな音楽ビデオに投票できるアワード「BRITs Social Vote for British Video」を開催します。ノミネーション作品は、2月10日に公式YouTubeチャンネルで公開予定、その後19日のアワード期間までファンによる投票を実施、アワード当日に受賞作品が発表されます。

ブリット・アワード公式Twitter:https://twitter.com/BRITAwards
ブリット・アワード公式YouTube:http://www.youtube.com/user/thebritawards

ブリット・アワード2013のハイライト動画はこちら!

関連記事  GracenoteがNext Big Soundと提携、ビッグデータ活用で音楽サービス構築を支援
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事の転載、配信または寄稿や講演などお仕事のご質問は「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからお願いします。購読、フォローも宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ