アメリカンスポーツイベントの最高峰、スーパーボールのハーフタイムショーでパフォーマンスをするアーティストのギャラはいくらでしょうか?

 

答えはゼロです。

NFLのプログラミング・ディレクター、ローレンス・ランドールは、

私たちはアメリカで最も視聴者を集めるテレビ中継の中で、12分半の時間をアーティストに提供します。かなり良い条件だと思います。両者にとってWin-Winな結果です。

とコメントしています。

今年のハーフタイムショーでは、ブルーノ・マーズがゲストにレッド・ホット・チリ・ペッパーズを迎えて、12分30秒のパフォーマンスを披露しました。これまでもビヨンセ、ポール・マッカートニー、マイケル・ジャクソンなど音楽の歴史に名を連ねる大物中の超大物アーティストがハーフタイムショーに出演してきました。しかし、彼らもパフォーマンスで受け取ったギャラはゼロでした。

1960年代にアリゾナ大学マーチングバンドがハーフタイムショーでパフォーマンスを披露していた時代から、NFLはパフォーマーに対してギャラを払っていないのです。そしてそれは超大物が出演する現代になっても変わっていません。

その代わり、アーティストには見返りとして、圧倒的なテレビ露出と、そしてそこから生まれる音楽売上へのインパクトが得られます

音楽業界関係者によれば、ブルーノ・マーズの最新アルバム「Unorthodox Jukebox」は、1月27日から2月2日までの一週間のみで前週からの売上が164%増加となる4万枚が購入されたそうです。2月5日に発表されるアメリカ・ビルボードのアルバムチャートで「Unorthodox Jukebox」は9月14日以来となるトップ10入りする可能性が出てきました。

2010年に出場したザ・フーは、ハーフタイムショー出演後にデジタルの売上が3倍以上、フィジカルの売上も急激に拡大しました。2011年のブラック・アイド・ピーズはスーパーボール前のデジタル売上が2倍以上増加しました。

なんといっても大切なことは、スーパーボール・ハーフタイムショーに出ることがアーティストの名誉として受け取られているところで、誰もが視聴者を楽しませようと最大のパフォーマンスを披露してくれるところに、エンターテイメント性の底力を感じます。

ソース
Why Bruno Mars Won’t Get Paid for His Super Bowl Halftime Show(2/2 TIME)

Bruno Mars’ ‘Jukebox’ Sales Jump 164% After Super Bowl Halftime Performance(2/3 Billboard)

関連記事  エイベックス・ベンチャーズがロックバンド「感覚ピエロ」の新会社に投資。エイベックスが示す「エンタメVC」の新たな潮流
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ