20140218-001742.jpg

米国最大のネットラジオサービスPandoraは、インディーズアーティストや無名アーティストのために、楽曲の提供をこれまで以上に簡素化した新しいシステム「Open Music Submission Process」を導入しました。

https://submit.pandora.com/submit/submission

これまでPandoraでは再生用にインディーズアーティストが楽曲を提供するには、AmazonなどでフィジカルなCDが発売されていることが条件でした。

pd-730x327

新しいシステムでは、アーティストはコンタクト情報と音源のリンク先を投稿するだけで、Pandoraの審査対象になることができるようになりました。

Pandora創業者ティム・ウェスターグレンは

Pandoraのミッションの中心には音楽発見があります。私たちのゴールは、才能あるアーティスト全員が、ジャンルや人気に関係なくオーディエンスにリーチできるチャンスを創出することです。どんなやり方を使ってでも、才能を持つ新人や勢いあるアーティストからの申請を支援することが私たちの最重要項目です。

と述べています。

Pandoraはライセンス契約の問題があり、現在アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドのわずか3ヵ国でしか運営していません。

月間アクティブユーザー数7000万人を超えるアメリカで最大のネットラジオサービスPandoraは、楽曲カタログの2/3がインディーズアーティストの楽曲で、約44%の総視聴回数はインディーズレーベルやDIYアーティストの楽曲と述べています。Pandoraでは、再生回数1回につき著作権料徴収団体SoundExchangeへ支払われるレートは0.13 – 0.23セント(0.0013ドル – 0.0023ドル)と言われています。

新しい申請システムによってPandoraは新人アーティストの楽曲やDIYアーティストの発見を促進する可能性が広がるかもしれません。またその他の音楽サービスとPandoraの差別化要因にも繋がるかもしれません。

Updated: Pandora opens submission process to independent artists(2/7 GigaOM)

関連記事  音楽ストリーミングを後押し。SoundExchangeのロイヤリティ分配が過去最高額の8億260万ドルを達成
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ