20140222-142239.jpg

デジタル時代にレコ屋ビジネス!

シアトルで長年活動しているインディーズレーベル「Sub Pop Records」が今春シアトル・タコマ国際空港内に直営レコードショップをオープンするかもしれません。現在Sub Popではレコードショップ開店に向けての人材獲得を進めていることをExclaimがレポートしています。

ニルヴァーナやサウンドガーデン、マッドハニーなどワシントン州エリアのアーティストを数多くリリースしてきたSub Popは、90年代にレコードショップ「Mega Mart」(現在オンラインストアの名前)を運営していた時代がありました。しかしMega Martは「Pop Up shop」(不定期に出現するショップ)でした。

シアトル・タコマ国際空港を利用する音楽好きな旅行者は、Sub Pop RecordsのアナログレコードやCD、音楽グッズをシアトルの思い出の買って帰れるようになりそうです。

ソース
Sub Pop to open record store in Seattle-Tacoma Airport(2/22 Consequence of Sound)

関連記事  最も世界で成功する音楽フェス「ULTRA」が席巻するアジア市場、2017年は40万人以上を動員する急成長で、世界展開を強調
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ