20140521-215057-78657502.jpg

グーグルの暫定最高事業責任者(COO)に就任したOmid Kordestani氏が、定額制音楽サービスSpotifyの取締役に就任することが明らかになりました。Kordestani氏は、グーグルに10年在籍し、先日ソフトバンクのバイスチェアマンおよびSoftBank Internet and Mediaの最高経営責任者(CEO)に就任した、上級副社長兼COOであるNikesh Arora氏の後任となったばかりです。

Recodeによれば、元YouTube製品担当副社長のShishir Mehrotra氏が、SpotifyのCEOダニエル・エクとSpotify経営陣の特別アドバイザーに就任することも明らかになりました。

Kordestani氏は1999年からグーグルに在籍し、セルゲイ・ブリンとラリー・ペイジのアドバイザーを長年勤めてきた人物です。またグーグル創業当初のビジネスモデルの実現を推し進め、セールス部隊を組織しグローバル規模での収益化に導いたキーパーソンの一人として、業界で知られています。

グーグル関係者がSpotify経営陣に加わりましたが、グーグルでは今後もYouTube有料サービスのローンチを目指し、定額制音楽サービスの領域に進出する予定です。

Spotifyは広告事業やYouTubeで実績を残してきたグーグラーを経営に迎え入れることで、Spotifyの広告ビジネスや海外展開の事業拡大、マネタイゼーションを向上するための組織強化かと見られます。その一方で、YouTube有料サービスやGoogle Play Music All Accessなど定額制サービスを開発している、ライバル企業から関係者を招き入れることは意外とも思えますが、異なる企業間でナレッジを共有することでビジネスの成長だけでなく勢い、安定感、面白さをプラスしデジタル音楽の世界が進化していってほしいと思います。

グーグルのスポースクパーソンはKordestani氏の取締役就任に関してはコメントを控えています。

Spotifyの取締役には、投資会社Northzone Venturesやcreandumなど北欧のVCからの代表や、ショーン・パーカーが名を連ねています。

 

ソース
Google’s New Business Head Joins Spotify Board, While Another Former Exec Becomes Special Adviser (7/21 Re/code)

関連記事  【速報】YouTube、動画連動のサブスクリプション型音楽サービスを年内に開始。米メディアが報じる
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事の転載、配信または寄稿や講演などお仕事のご質問は「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからお願いします。購読、フォローも宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ