IMG_0477.PNG

音楽共有プラットフォームSoundCloudが、メジャーレーベルの一つ、ワーナーミュージック・グループとその音楽出版社ワーナー/チャペルと楽曲配信のライセンス契約で合意しました。SoundCloudがメジャーレーベルとライセンス契約を結ぶのは今回が初めてです。

SoundCloudのCEO、アレキサンダー・リュング (Alexander Ljung)はBillboardのインタビューで

(発表は)思っていたよりも少し早く実現した。これは自然な流れだ。

彼ら(ワーナーミュージック)は、すべての音源カタログを公開するコミットはしていません。リスナーは、より多くのワーナーミュージック所属アーティストのコンテンツを聴くことができるでしょう。私たちは、これまで長い間SoundCloudの一部だった柔軟性を確保しています。

彼らにより多くの管理が与えられます。彼らはすでに存在するプラットフォーム上から、コンテンツからのマネタイゼーションが実現可能になります。これはワーナーにとってさらに多くのコンテンツの公開へとつながるでしょう。

と答えています。

リュングは、また今回の契約でSoundCloudがSpotifyのようなオンデマンド型の音楽ストリーミングサービスにはならないと強調しました。

SoundCloudはワーナーミュージックとの契約によって、これまで問題視されていた同社のマネタイゼーション戦略を強化し、クリエイターやコンテンツ・パートナーに収益を還元できるシステムをプラットフォーム内で実現していきます。

On SoundCloud - Overview

SoundCloudは8月にクリエイターやコンテンツパートナー向けに、同社初の広告システム「On SoundCloud」を発表、ネイティブ広告やオーディオ広告、ディスプレイ広告、コンテスト、チャネル・スポンサーシップなど異なるマネタイゼーションのモデルから収益化できる取り組みを開始しました(現在は招待制)。

リュングはまた2015年に開始すると噂されている、サブスクリプション型サービスについては詳細を明らかにしませんでした。

さらに、DJやプロデューサーがミックスに収録された楽曲から「マイクロ・マネタイゼーション」できるかどうかについて、その考えに対して難色を示し「全てのクリエイターにマネタイゼーションを実現したい」と述べます。

ワーナーミュージックのデジタル戦略・ビジネス開発担当取締役副社長のジョナサン・ドーキンは
今回の契約でSoundCloudは巨大なユーザー向けにさらなる製品開発を促進させ、複層的なマネタイゼーションを提供しつつ、多くの人に支持される要素を維持していきます。これは、アーティスト、権利保有者、消費者にとっての勝利です。

その他のメジャーレーベルであるユニバーサルミュージックとソニーミュージックとの契約についてSoundCloudはコメントを控えています。

ソース
SoundCloud Nets First Deal with a Major Label (11/4 Billboard)

関連記事  Twitter社、音楽共有サービスSoundCloud買収から手を引く
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事の転載、配信または寄稿や講演などお仕事のご質問は「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからお願いします。購読、フォローも宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ