record-store-day2015

毎年4月に世界中で開催される、レコードストア文化をアーティストとファンが楽しむ日「レコード・ストア・デー2015」(Record Store Day)のアンバサダーに、フー・ファイターズのデイヴ・グロールが就任しました。今年は4月18日(土)の開催が決定しています。

アンバサダー就任にあたり、グロールはレコード・ストア・デイのウェブサイトに、レコードストアでの思いを語っています。

レコードストアが多くの人をインスパイアするチカラは今も健在で、次世代のミュージシャンにとって欠かせないものだと僕は信じている。ぜひ当日は(そして一生懸命貯めてきたお金も一緒に)レコードストアをサポートしてほしい。

もしかすると、君の人生が永遠に変わるかもしれない。

2007年に始まったレコード・ストア・デイは、毎年独立系レコードストアとそのオーナー達、そして彼らを支えるアナログレコード、インディーズアーティストの価値を向上させる目的から始まりました。毎年世界中のレコードストアでは、レコード・ストア・デイ限定の7インチやLP、カラーディスク、復刻版、ボックスセットなど限定レコードが発売されたり、アーティストを招いてインストア・ライブやトークイベントなどが開催されてきました。

レコード・ストア・デイをサポートするアーティストも年々増え続け、それに伴い毎年多彩なアーティストがアンバサダーに就任してきました。Eagles of Death Metalのボーカル、ジェシー・ヒューズ(2009年)、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのジョシュ・オム(2010年)、オジー・オズボーン(2011年)、イギー・ポップ(2012年)、ジャック・ホワイト(2013年)、パブリック・エナミーのチャック・D(2014年)らが、独立系レコードストアやインディーズミュージシャンの価値向上に関わってきました。

レコード・ストア・デイはまたビジネス的にも大きな成功を収めています。2014年ではレコード・ストア・デイ後の独立系レコードストアの売上が開催前の週から11.2%上昇しました(アメリカの週間アルバム売上は2.2%減少)。アナログレコードはここ数年売上が上昇し続け、イギリスでは約20年ぶりに売上枚数が100万枚を突破するなど、ニッチは市場ながら、根強いファンに支えられています。

【関連記事】
・イギリス音楽シーン、アナログレコードが人気復活を迎える。1995年以来初めて100万枚突破。売上1位はピンク・フロイド新作

・アナログレコード人気は過去最大級。2014年米国売上は52%増の920万枚、最も売れたのはジャック・ホワイト

日本でも開催

rsd15

日本版のRECORD STORE DAY JAPAN 2015のアンバサダーには、THE BAWDIESのROYが就任したことが発表されました。

4月18日(土)は日本各地のレコードショップで、この日しか買えない限定アナログレコードが発売されるほか、トークイヴェントやライヴ、DJプレイなど一日中レコードストアで音楽が楽しめるイヴェントが開催されます。音楽好きの方は近くのレコードストアに足を運んでみてはいかがでしょうか?

http://www.recordstoreday.jp/

ソース
RECORD STORE DAY 2015 AMBASSADOR DAVE GROHL (Record Store Day)

関連記事  ニール・ヤング「アナログ復活は流行りに過ぎない」
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ