applemusicapps

 

これまでiTunesで音楽業界最強の地位を築いてきたアップルが開発している、新しい音楽サービスの全容が徐々に明らかになって来ました。先日リリースされた開発者向けの「iOS 8.4 beta」で、これまでとは全く異なる音楽アプリをトライすることができます。

今回公開された音楽アプリは、6月8日開催予定の開発者向けのイベント「WWDC」で発表されると言われる、定額制の音楽ストリーミングサービスの一部となることに期待がかかります。

9to5macがいち早くアプリの詳細をレポートしています。気になった点をいくつかご紹介します。

applemusicapp01
デザインの進化:アプリは、ライブラリーから音楽を見つけやすくする、新しいデザインに変更。パーソナライズドされたプレイリストには、好きな画像や説明文を追加が可能。アルバム・リストからすぐに再生が可能に。

最近追加された曲:最新追加したアルバムやプレイリストが、ライブラリーではトップに表示

applemusicapp02iTunes Radioと連携:アップルが提供している無料の音楽ラジオサービス「iTunes Radio」から、最近聴いたステーションに戻ることや、キュレーションされたステーションに飛ぶこともより簡単に。

「ミニプレーヤー」:ライブラリーをブラウザ中には、ミニプレーヤーが再生中の音楽を常に表示してくれる

applemusicapp03「Up Next」:次に再生される曲を表示。順序を変えることも、追加、スキップすることも可能

グローバル・サーチ:音楽アプリ内からいつでも検索ができるようにデザインを変更。検索結果は好きな音楽が見つけやすくするためにオーガナイズされて、iTunes Radioもすぐにスタートできる

ソース
Apple previews revamped Music app with iOS 8.4 beta ahead of WWDC streaming service launch (4/13 9to5Mac)

関連記事  [ブログ更新] フランス政府が若者のデジタル音楽購買を推進するため、国家経費でダウンロード費用を負担!
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ