pitchfork_review

米国のメディアグループ、コンデナストが音楽メディア「Pitchfork」を運営するPitchfork Mediaの買収を発表しました。買収額は未公表。ニューヨーク・タイムズがレポートしています。

世界で最も影響力のある独立系の音楽メディアとして1995年から活動を続けてきたPitchforkは、新人アーティストの発掘から独自の切り口からのレビューなど他メディアとは一線を画する編集力とコンテンツで知られてきました。

コンデナストは、Vogue、Vanity Fair、GQ、Wiredなど数多くのメディアブランドを運営しています。単独の音楽メディア運営はPitchforkが初めてとなります。

コンデナストのチーフ・デジタル・オフィサー、フレッド・サンターピア(Fred Santarpia)によれば、Pitchfork買収は「コンデナストに強力な編集機能を兼ね備えた独立採算型の音楽メディアが加わり、熱狂的なミレニアム世代の男性オーディエンスにリーチできる」と発言しています。サンターピアによれば、Pitchforkは現在利益を出しているとのことです。買収は直ちに行われます。

Pitchforkの創業者でCEO、ライアン・シュレイバー(Ryan Schreiber)は、「Pitchforkは編集力に対する我々のコミットメントを共有するコンデナストのチームと出会えたことを非常に光栄と感じています」と答えています。

Pitchfork独特の編集哲学がどういうものかは、佐藤慶一さんの「メディアの輪郭」の記事をご覧ください。
コンデナスト社、音楽メディア「Pitchfork」を買収〜若い読者と新しい収益源を求めて(メディアの輪郭)

Pitchforkはウェブ上ではニュースやレビューの他に、独自の動画コンテンツや特集記事、音楽専門家によるコラムなど、音楽情報に加えてインサイトとオピニオンを提供し、デジタル時代における音楽キュレーターとしての役割を担い、長年インディーズシーンから新しい音楽の発見に大きく貢献してきました。さらに毎年シカゴとパリでは「Pitchfork Music Festival」を開催、2013年には雑誌「The Pitchfork Review」を刊行します。

これらの動きはコンデナストが既存のメディアでは実現できていない、若者層やヒップスター、トレンドセッターへのアプローチとも言えるわけで、Pitchforkのブランド力とコンテンツ力は音楽とカルチャーの双方向から見た場合、強力な武器となります。

これまで存在してきたローリングストーンやスピンなどの音楽メディアとは全く異なるデジタルからのアプローチで、現代の読者を獲得してきたPitchfork。「レビュー」というオーソドックスな形式を現代的に再構築したPitchfork独特の思想に肩を並べるほどの影響力を持つ音楽メディアは、市場に存在していません。コンデナストのバックアップを手に入れたPitchforkが、これから大きな方向転換を行うのか、それともこれまで通りの独自の哲学を追求しつづけるのか、気になります。

ソース
Condé Nast Buys Pitchfork Media(The New York Times)
Pitchfork Acquired by Condé Nast(Pitchfork)

関連記事  Twitter共同創業者が手がける新興メディアサービス「Medium」が音楽メディアを来月開始へ
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ