Noel_Gallagher_live

元オアシスで、ソロアーティストとして活動するイギリス人ロック・スター、ノエル・ギャラガーは音楽メディア「Q」ノインタビューで、世界的な復活を遂げているアナログレコードのブームがまもなく終わると答えています。

ノエル・ギャラガーがリリースしたソロアルバム「Chasing Yesterday」は、2015年英国で最も購入されたアナログLPであることに触れ、「今でも音楽を買って所有したい人たちのリストのトップに俺がいることは本当に嬉しい」と率直な感想を述べています。

その一方で、音楽が購入される仕組みそのものが変わって来たことに嘆き、変化が訪れることを予期しています。

ただ音楽を買った人数を見ると、たった1000枚ほどしか買われてないんだ。マジでムカつくぜ。俺のオフィスには1000枚以上まだ置いてあるはずだ。これは、音楽ストリーミングが原因だ。俺はこの10年の終わりにはアルバムなんて売れなくなくなるかもしれないと思う

analogplayer

インタビューでは、ノエル・ギャラガーは音楽をレコードショップで買う代わりにダウンロードに切り替えたことも認めています。

今の時代、どこでレコードを買えばいいかって?俺はHMVなんかには行けない。俺が行ったら、HMVから出てくるのに何時間掛かると思ってるんだ?店に足を踏み入れた瞬間に、サイン会の始まりだ。だから俺はもうレコード屋は行ってない。だがこれが今の音楽の流れだと思ってる。俺の場合、今はトラックにはまってる

またノエル・ギャラガーは新曲を調べる方法で、意外な人物に頼っていることも明らかにしました。

俺はポール・ウェラーに頼りきってる。彼が普段何してるか全く分からない。多分インディーズ系のラジオをいつも聴いているはずじゃないかな。俺に電話でいつも「これ、持ってるか?これを聴け、あれを聴け」といつも言ってくる

イギリスでは2014年にアナログの年間売上枚数が100万枚を突破しました。これは1996年に記録した200万枚を18年ぶりに迫る勢いの成長を見せました。この勢いはファンだけでなく音楽業界も注目しており、イギリスでは今年からアナログレコード専門のアルバムチャートも開始しています。

アナログレコード全体のパイは小さいながらも、特に若者と中年の音楽ファンを中心にロックやクラシックロックのLPが購入され続け、この勢いは今年も続くと予想されています。

ソース
Noel Gallagher predicts the death of vinyl in just four years(Gigwise)
Noel Gallagher predicts end of vinyl revival by 2020(NME.COM)

image by alterna2 via Flickr

関連記事  Twitter、同社初のコマース担当責任者にチケット販売最大手Ticketmasterの前CEOを採用
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事転載、配信、寄稿、お仕事のご質問は「お問い合わせ」またはTwitter, Facebookからお願いします。RSS購読、フォロー宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ