technics_turntable2016

アナログレコードが世界的に人気復活しているトレンドを受けて、パナソニックはTechnicsブランドのターンテーブル「Technics SL-1200」の復活を華々しく発表しました。

パナソニックはDJ達から絶大な支持を集めてきたかつての名機を今年に復活させるため、ダイレクトドライブモーターを新開発し、2つのモデルを発売します。

technics_turntable20162

「Grand Class SL-1200GAE」は世界でわずか1200台の限定モデルで、今年夏に発売開始予定。そして通常モデルの「Grand Class SL-1200G」は2016年後半に発売が予定されています。価格は現在は未定ですが、特に限定モデルGAEは恐ろしく高くなることが予想されます。2つのモデルは、音の揺らぎを最小限にするための駆動鉄芯が無い新しいダイレクト・ドライブ・モーターや、±8%のピッチ・コントロール(2Xボタンで±16%に拡張可能)を搭載するなど、DJニーズにも対応しています。

アナログレコードは、定額制音楽配信やデジタルダウンロードが普及する今の時代において、その価値が再確認されてきました。若者やコアな音楽ファンの間では、アナログレコードの人気が著しく上昇して、毎年4月に世界中で開催されるアナログレコードとレコードショップに特化した音楽イベント「レコード・ストア・デイ」を中心に、アーティストとファンが一体となって盛り上げています。デジタルの世界ではなかなか体験できない、紙のジャケットや復刻盤、限定リリースなど「所有出来る音楽メディア」としての楽しみが広がっていることが、復活の要因の一つです。

音楽業界でもアナログレコードの人気復活を受けて、2014年はイギリス国内では前年比56%の売上増加、アメリカでは年間を通して920万枚が購入され、売上は前年比52%増加するほど、勢いが止まりません。

世界中の熱狂的なファンやアーティストたちの熱意と行動が、一度は生産が中止になったTechnicsの復活をパナソニックに決定させるほどの影響を与えた今回の発表は、アナログレコード文化の大きな勝利だと言えそうですね。

Grand Class SL-1200G/SL1200GAEのスペックはこちらです

新開発された機能および部品
・Twin-Rotor Surface-Facing Direct Drive motor
・Direct Drive Motor Controller
・High Sensitive Tonearm
・Brass-Top Turntable Platter
・Insulator

Technicsブランド・デザイン
・Inherited design from the SL-1200 series
・Heavy Aluminum Top Plate

回転速度
・33 1/3 rpm, 45 rpm, 78 rpm

ピッチレンジ
・+8%, +16%

サイズ
W: 453 mm H: 170 mm D: 372 mm . / 18kg *tentative
*Height: including dust cover

出力
Phono output x1 / SIGNAL GND x1

ソース
The Technics SL-1200 turntable returns in two new audiophile models(The Verge)

Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事転載、配信、寄稿、お仕事のご質問は「お問い合わせ」またはTwitter, Facebookからお願いします。RSS購読、フォロー宜しくお願い致します。