世界のインディーレーベルやDIYアーティストを代表して音楽プラットフォームとのライセンス契約交渉を行う業界団体「Merlin」(マーリン)は、TikTokとのマルチテリトリーの音楽ライセンス契約を締結したことを発表した。

インディーズのレーベルやアーティストたちは今後、TikTokに楽曲を合法的に配信できるようになる。Merlinに加盟するディストリビューターやレーベルから楽曲をストリーミングサービスやダウンロードストアに配信するアーティストにとっては、新しいプラットフォームでのマーケティングに音楽を活用しやすくなり、収益拡大につながるというメリットが大きい。

Merlinには現在、Beggars Group、Kobalt Music/AWAL、Ninja Tune、Domino、Sub Pop、Mad Decentなど、世界各地のインディーレーベルが数多く参加しており、インディペンデントな活動を維持しつつ、メジャーレコード会社に劣らぬ世界展開を実現している。日本からもOfficial髭男dismと契約するポニーキャニオンや、デンジャークルー・レコードなどが加盟している。

TikTokとバイラルヒットの変化

今回のライセンス契約によってTikTokユーザーはインディーズアーティストの楽曲を動画投稿で選べるというコンテンツの選択肢が一気に拡がる。

TikTokは2019年に、そのバイラル効果を最大化した無名アーティストたちによって、数多くの音楽ヒットを生むプラットフォームとして一気に注目を高めた。 Lil Nas Xの「Old Town Road」やLizzoの「Truth Hurts」、Arizona Zervasの「Roxanne」、Ashnikkoの「Stupid」、Tokyo’s Revengeの「GOODMORNINGTOKYO」、Roddy Ricchの「The Box」などは、TikTokでのバイラルヒットを起点に、ストリーミングでのヒットに繋がり、音楽チャート上位を占めるまでに至るほど、TikTokの音楽業界での影響力は拡大している。

そして最近では、これまでTikTokで起きた偶然のバイラルヒットの分析を深めてノウハウを集め、無名の新人アーティストのリリースを最大化するためのキャンペーンをTikTokで戦略的に行うレコード会社や音楽専門のエージェンシーが増えてきている。

当然ながら、アーティスト本人もTikTokに関する知識や、バイラルヒットについての傾向理解は高まっている。そのため、TikTokやSpotifyのバイラルチャート、YouTubeのグロースなどの利用に必然的に長けてくる。自分たちの音楽をバイラル化させたいならその知識は必要不可欠なのだ。

現在では、アメリカの音楽シングルチャートでTikTokでバイラルした楽曲が1位を取ることはもはや珍しいことではない。チャート上位にランクインする半数以上の楽曲は、TikTok経由でストリーミング再生数アップを実現している。

さらにTikTokの影響は、単にバイラルヒットやインフルエンサー作りに留まらない。欧米の音楽市場では、無名アーティストや若手アーティスト、TikTokerたちが、TikTokでのバイラルヒットをキッカケに、メジャーレコード会社から巨額のオファーを受けレコード契約を勝ち取ったり、資金提供を受けて自らのレーベル事業やアーティスト活動、コンテンツ事業を拡大させるなど、10代-20代の若手アーティストたちが音楽ビジネス活動を拡大させるための指標の一つになっていることも見逃せない。

TikTokの音楽ストリーミング登場の準備

TikTokとMerlinのライセンス契約にはもう一つ、将来的な新しい音楽サービスの登場にも関係する。

TikTokを運営する中国のByteDanceは現在、独自のサブスクリプション・モデルの音楽ストリーミングサービス「Resso」のローンチに向けライセンス交渉をレコード会社と続けている。ByteDanceは、ユニバーサルミュージックやソニー・ミュージック、ワーナーミュージックとグローバルライセンス契約を交渉中だが、合意までには至っていない。

Merlinはすでに、SpotifyやYouTube Music、Tencent Musicなど、世界各地に展開する大手ストリーミングとライセンス契約を締結している。インディーレーベルやアーティストは、Merlinに加盟するディストリビューターやレーベルを経由して楽曲を配信することで、Merlinと契約する世界のストリーミングに配信でき、ライセンス料分配からの収益化が可能になる。

現在Merlinに参加するインディーレーベルやディストリビューターの数は、世界で2万社以上に増加している。そして中国やアフリカでの配信など、世界各国のストリーミングサービスにその配信テリトリーを拡大して、インディーズ音楽シーンの新たな収益源確保を拡げている。

Related:  中国でインディーズ音楽の配信進む。Tencent、Xiami、NetEaseが「Merlin」と提携

従来、インディーレーベルやインディペンデント・アーティスト、独立系ディストリビューターは、メジャーレコード会社と同等の契約をストリーミングサービスやサービスと勝ち取ることが難しく、不利な条件下でアーティスト活動やレーベルビジネスを行わなければならなかった。

Merlinの登場以降、インディーレーベルはメジャーレコード会社と同じ条件で、デジタルサービスとライセンス契約を勝ち取ることが可能になった。現在Merlinは、メジャー3社に次ぐ第4のメジャーレーベルと呼ばれるほど、加盟メンバーの数とライセンス料分配額が増加している。

近年、Merlinがライセンス契約やパートナー契約で合意してきたデジタルサービスやDSP、プラットフォームは、世界各国に広がっている。

Related:  インディーズ音楽とレーベルを支援。Merlin、アフリカ最大のストリーミング「Boomplay」とライセンス契約で合意

2020年
TikTok(ByteDance)

2019年
Boomplay(アフリカ)
Jaxsta

2018年
Facebook / Instagram / Oculus / Messenger
Mixcloud
Tencent Music Entertainment(中国)
NetEase Cloud Music(中国)
Xiami / Ali Music(中国)

2017年
Dubset
MQA
Spotify(グローバル・ライセンス更新)

2016年
VK / Mail.ru Group(ロシア)

Source:
MERLIN AND TIKTOK AGREE TO A LANDMARK GLOBAL MUSIC LICENSING PARTNERSHIP(Merlin)

20歳ラッパー=リル・ナズ・Xが米ビルボード史上最長17週連続1位達成(Rolling Stone Japan ローリングストーン ジャパン)

急成長を遂げるTikTokの脅威、音楽配信サービスが直面する問題とは? (Rolling Stone Japan ローリングストーン ジャパン)

Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材、記事執筆、音楽ビジネスやマーケティングに関するコンサルティングなどのご相談は「お問い合わせ」またはメールでご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ