世界の音楽業界に選ばれる音楽ストリーミング、アーティストSNSのデータ分析ツール「Chartmetric」を、初めて使う方向けの手順を紹介します。

2000年以降、ライブやツアーが出来ないアーティストの担当者や、コロナ禍でデジタルマーケティングと、データドリブンな戦略を強化したいレーベルのChartmetric利用が急増しています。

サポート

Chartmetricでは、日本語でのサポートを個人・法人のユーザー様に無償提供しています。ジェイ・コウガミまでお問い合わせください(メールフォーム

ご利用には、無料プランと、月額140ドル(年間1,400ドル)で全機能が無制限で利用できるプレミアムプランがあります。

音楽企業の方は、企業アカウントが開設出来ます。希望される場合、検討したい場合は、ジェイ・コウガミまでご連絡ください。

こちらの活用方法ガイドもご覧ください。

アカウント開設

ご利用にはアカウントが必要です。無料で開設頂けます。アカウント開設の手順は以下です。

画面上部の「Try for free」ボタンをクリックして、情報を記入ください。登録したメールアドレス宛に請求情報や登録情報などが届きます。仕事で普段使うメールをご利用ください。

アカウント開設が完了すれば直ぐご利用出来ます。画面上部の「Sign in」から登録したメールアドレスとパスワードでアクセスしてください。

企業アカウントをご希望される方:

企業内で利用を検討される方には、企業アカウントをご用意出来ますので、ご連絡ください。ご利用にはアカウントが必要になります。

無料とプレミアムの違い

無料プランでアクセスした場合、「過去28日間のデータしか見れません」や「チャートを見るにはアップグレードしてください」などの表示と、見えないチャートやデータ、使えない機能があります。

プレミアムプランに切り替えると、下記の通り、全てのチャートとデータ、機能がご利用頂けます。

AdoのTikTok UGC動画のデータ

King Gnuのプレイリスト情報

プレミアムプランの登録

プレミアムへのアップグレードには、画面右上の設定メニューから「Upgrade Plan」をクリックください。

画面が変わり、プランを選択します。お支払いは月額140ドルと、年間1400ドルの2パターンになります。年間払いが17%お得になります。

ここで、日本語表示の画面になりますので、支払い情報を記入します。アカウント開設に登録したメールアドレス宛に請求書が毎月発行されます。これでプレミアムの登録は完了です。

次にアクセスした時から、全機能が使えるようになります。

サブスクリプションをキャンセルしたい際、設定メニュー内の「Account Settings」から「Subscriptions」を選び、「Cancel Subscription」の赤字をクリックしてください。画面に従って操作してください。

基本的な使い方

レーベルやデジタルマーケティング、A&Rの担当者と話をすると、データ分析ツールはチャートや情報の数が多く、どれを見ればいいか分からない、とよく聞きます。

まずは自社アーティストの情報を日々、定期的に確認し続けてください。そして、動く数値の中から、本当に分析すべき実用的な情報を把握することから始めます。


まずは、「Follow Artist」で追いかけるアーティストをフォローしてください。「Dashboard」セクションにフォローしたアーティストやアルバム、プレイリストが並べて表示出来るようになりますので、そこから数値の増減、増減率を定期的に確認してみてください。

自社アーティストだけでなく、比較したい競合他社アーティストもフォロー出来ます。

Chartmetricの有効活用には、データに関する専門的な技術や知識は必要ありませんが、分析する情報とプラットフォーム、オーディエンスの深堀りが出来ると、マーケティングへの実践活用が進みます。

世界で成功するレーベルやマネジメント、ストリーミングやSNSで成功するアーティストの多くは、Chartmetricに加えて、Spotify for ArtistsやApple Music for Artists、YouTube Studio、SNSのインサイトツールなどを日々利用して、必要な情報を把握しています。

各社、アーティストプロジェクトの目的や戦略、期間に応じて、ツールの活用方法は変わります。データ分析で大切なことは、一つのアプローチに縛られることなく、使える情報と分析パターンの選択肢を多く作り、アーティストに応じて柔軟に活用方法を構築することです。

Chartmetricのさらなる有効活用

簡単ですが、Chartmetricのアカウント開設について説明してきました。

今後、Chartmetricを活用して、デジタルマーケティングを強化したいレーベル、SpotifyやApple Musicで配信を強化したいアーティスト、TikTokやYouTubeのUGC動画を強化したいマネジメントなど、より深く活用したい方は、ぜひご連絡ください。

これからも、あらゆるアーティストを成長させるための効果的なデータ活用とマーケティングをご支援していきます。