20140310-091656.jpg

ロックミュージシャンのニール・ヤングが音楽の音質にこだわって制作した、高音質ポータブル音楽プレーヤー「PonoPlayer」のプレオーダーをKickstarterで3月15日から開始します。

追記(3/12 10:00am):PonoMusicのKickstarterページはこちらです。

PonoPlayerはAyre Acousticsとの共同制作で、操作はLCDタッチスクリーンと3つの物理ボタンで行います。128GBのメモリーを搭載し、1000ー2000曲のハイレゾ音源アルバムを入れて持ち運べます。音源はDRMフリーで、メモリー拡張用のメモリーカードが使用可能です。価格は399ドル。3月15日からはKickstarterにおいてディスカウント価格でのプレオーダーが開始になります。PonoPlayerの販売はPonoMusic.comで今後行われます。

発表されたプレスリリースによれば、PonoPlayerは「最高の再現性によるスタジオマスター音源」が再生可能で、リスナーは「アーティストが意図した通りの音楽を体験できる」デバイスです。

PonoPlayerはニール・ヤングが考案した高音質配信を追求するプラットフォーム「PonoMusic」用のオーディオデバイスです。PonoMusicでは、PonoPlayerと、オンラインストア「PonoMusic.com」で構成されます。サービスではメジャーレコード会社から有名インディーズレーベルの音源まで、高音質音源を配信する予定です。

ニール・ヤングは2013年にアメリカのトーク番組でPonoのプロトタイプを披露しましたが、その後製品化は2014年まで後ろ倒しになりました。詳細な情報は以前多くありませんが、Computer AudiophileではPonoPlayerに関するプレスリリースがどこよりも早く掲載されました。

ソース
Neil young announces the launch of ponomusic(3/7 Computer Audiophile)
Neil Young’s high-fidelity iPod competitor will cost $399(3/10 The Verge)

関連記事  Social Media | SNS World Map 2007-2009
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ